局所排気装置が必要になる場所とは?種類や目的・用途について

部屋の空気を清潔に保つには「排気」をきちんとしなければなりません。
排気に役立つ装置にはたくさんの種類があります。
さまざまな種類がある中、フード・吸引ダクト・排気ダクト・空気清浄装置・ファンで構成しているのが「局所排気装置」です。
これから、局所排気装置が必要になる場所、局所排気装置の種類、点検や用途について詳しく説明します。

  1. 局所排気装置が必要になる場所
  2. 局所排気装置の種類
  3. 局所排気装置の点検と用途
  4. まとめ

続きを読む



指差呼称の効果ややり方について~ヒューマンエラーの防止策~

人間に危険をおよぼす職場では安全が第一です。
職場の安全を守るためにも、必要な知識を身につけなければなりません。
安全衛生のキーワードには「指差呼称」という言葉があります。
職場でのミスやヒューマンエラーを防止するためにも指差呼称について知りましょう。これから、指差呼称の効果ややり方、定着、目的など詳しく説明していきます。
職場での安全対策に関係する人はぜひ参考にしてください。

  1. 指差呼称の効果
  2. 指差呼称のやり方
  3. 指差呼称の定着と目的
  4. まとめ

続きを読む



粉じんが原因で発生する健康障害とは?じん肺以外の症状も解説!

粉じんとは、粉のように空気中に舞う粒子の総称です。
アスベストが有名ですが金属や鉱物、食品でも粉じんになる可能性があります。
そして、粉じんを吸い込むとじん肺という病気になるのです。
今回はじん肺のような粉じんによる健康障害についてご紹介しましょう。
すぐに症状が出るものはまだ見つけやすいのですが、症状が出るまで何年もかかるものも珍しくありません。
また、粉じんを吸い込むのは、ほとんどが仕事場です。
衛生管理者を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 粉じんとは?
  2. 粉じんの種類と健康被害とは?
  3. 粉じんによる健康障害を防ぐための方法とは?
  4. もし、じん肺の兆候が見られたら?
  5. おわりに

続きを読む



凍瘡の原因と予防法を知る!早めの対処が必要な理由とは?

凍瘡(とうそう)の原因や予防法についてまとめてみたいと思います。
凍瘡(とうそう)とは、いわゆる「しもやけ」のこと。
凍傷と比較すると症状のレベルが違います。
しかし、同じ低温障害であるため、その治療法に大きな違いはないのです。
今回は、凍瘡(とうそう)の原因や症状、予防法についてご紹介しましょう。
衛生管理者試験のために勉強している人は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む



アレルギー症状を引き起こすハウスダスト!効率よく掃除するポイント

長引く咳(せき)やアレルギー症状に悩んでいませんか?特に、アレルギーは人それぞれ原因が異なりますが、最も多いのはハウスダストによる被害です。
現代医療では、アレルギーの原因を血液検査で判断することは容易なこと。しかし、大人にとっては難なくこなせる血液検査でも、子どもにとっては不安と苦痛を伴うものになるでしょう。
アレルギーに悩んでいる人の数は現代人では3人に1人とされているほど、深刻な病気だと捉(とら)えるられています。日々の不快症状に疑問を抱いている方、アレルギーがきっかけでさまざまな症状に悩んでいる方は、この記事を参考にしてハウスダスト対策を強化していきましょう。
今回は、悩ましいハウスダスト対策についてご紹介していきます。

  1. ハウスダストとは?
  2. ハウスダストによる症状
  3. ハウスダストの掃除の仕方
  4. まとめ

続きを読む



脳血管障害の分類や症状とは?こんな症状が出たら要注意!!

60b637f6-5efb-4965-a3be-0e031fd2fb27脳血管障害とは脳の血管が切れたり詰まったりして発症する病気の総称です。
脳は、体の機能をつかさどる司令塔。脳の血管が切れたり詰まったりすれば、色々な障害が出るだけでなく、最悪の場合は命にかかわるでしょう。
今回は、脳血管障害の分類や症状をご紹介します。
脳血管障害というと、いきなり頭を押さえてうずくまりそのまま最悪の結果になってしまうというイメージを持っている方もいるでしょう。
しかし、そのようなことになる前に、前兆が起きる病気も少なくないのです。
ぜひこの記事を読んで脳血管障害を予防しましょう。

  1. 脳血管障害とは?
  2. 脳血管障害の分類とは?
  3. 脳血管障害の前兆とは?
  4. 脳血管障害を防ぐ方法とは?
  5. おわりに

続きを読む



人気の参考書とはどんなもの? 衛生管理者資格を目指す方必見!

b15e3ca7-e5a6-449c-9c9d-2823ffed4df1衛生管理者は、従業員が安全で衛生的に仕事ができるように職務を取り行える国家資格です。
業種を問わずに従業員が50人以上いる職場には専任が必要になります。
そのため、就職や転職に有利と人気の資格です。
今回は、衛生管理者の参考書の選び方や人気の参考書についてご紹介しましょう。
衛生管理者は受験資格こそあるものの、独学で勉強しても合格は可能です。
今回は、独学以外の勉強法もご紹介しましょう。
衛生管理者の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を読んで勉強の参考にしてください。

  1. 衛生管理者とはどんな資格?
  2. 衛生管理者の試験内容と難易度とは?
  3. 衛生管理者の参考書の選び方と独学の注意点
  4. SATの教材を試してみよう
  5. おわりに

続きを読む



酸素欠乏症は死に至る恐れもある!原因と対策を知って安全な作業を

製造業・建築業など、作業にかかわる方々は酸素欠乏症とは無縁だと捉(とら)えているケースが目立ちます。しかし、酸素欠乏症は身近で発生しやすい病気で、万が一かかってしまっても後遺症を残さない素早い応急処置を覚えておくことも大切です。
作業現場での酸素欠乏症を予防するための対策も知っておくといいでしょう。安全に業務を行うためのポイントをご紹介します。

  1. 酸素欠乏症とは
  2. 酸素欠乏症の危険がある作業
  3. 酸素欠乏症の原因と対策
  4. まとめ

続きを読む



金属中毒の種類や原因とは?どんな症状が出るの?

金属中毒とは、体の中に多量の金属が取りこまれることによって発生します。
金属というと、冷たくて固いものを思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、金属も高温で熱すれば蒸発します。
また、細かく削れば粉末にもなるでしょう。
さらに、水銀のように液体状の金属もあります。
ですから、比較的容易に体の中に取りこまれやすいです。
そこで、今回は金属中毒の種類や原因、予防法や治療法をご紹介します。
職場によっては金属中毒になりやすいところも少なくありません。
衛生管理者の方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 金属中毒とは?
  2. 金属中毒の原因とは?
  3. 金属中毒を起こしやすいものとは?
  4. 金属中毒を予防するには?
  5. おわりに

続きを読む



一次救命処置の目的や内容・手順について知ろう!緊急時の基礎知識

事故やトラブルで人の命が危険になったとき、“一次救命処置”が大切になります。
一次救命処置をするかしないかで、命の危険度が大きく変わるのです。
そこで、一次救命処置の目的や内容・手順、処置をする際の注意点について詳しく説明します。
一次救命処置について知りたい人や衛生管理者資格取得のために勉強している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 一次救命処置の目的
  2. 一次救命処置の内容や手順
  3. 一次救命処置の注意点
  4. まとめ

続きを読む



衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?