労働災害とは、勤務中や通勤中に起こったケガ・疾病・障害・死亡などの総称です。労働者は、誰もが安全で衛生的に仕事を行う義務があり、仕事が原因でケガや疾病などが起こった場合は、速やかに対処をして予防策を取らなくてはなりません。技術の進歩により、危険な労働が原因で発生するケガや疾病は減少傾向にあります。その一方で、長時間勤務やパワハラなどの過重労働が原因で起こる労災は増加傾向にあり、対策が急がれている問題です。

そこで、今回は労働災害を防止する方法や、予防対策などをご紹介しましょう。

  1. 労働災害の基礎知識
  2. 労働災害を防止する取り組み
  3. 衛生管理者や安全管理者について
  4. 労働災害防止に関するよくある質問

この記事を読めば、労災防止の大切さや労災を予防する対策方法なども分かりますよ。

続きを読む


労働衛生とは、労働者が健康に働き続けられるように作業環境や労働条件を整えることです。一定数以上の従業員が所属している職場には、労働衛生を管理するために、衛生管理者や安全管理者・産業医などの選任が義務づけられています。「工場など危険が伴う作業ならともかく、オフィスワークに労働衛生管理が必要なのか?」と思う方もいるかもしれません。しかし、どのような職場でも働き方や職場環境によっては、従業員の健康を損ねる恐れがあります。

そこで、今回は労働衛生やその管理の仕方についてご紹介しましょう。

  1. 労働衛生管理の基礎知識
  2. 労働衛生管理の内容とは?
  3. 衛生管理者の仕事や資格取得方法
  4. 労働衛生管理に関するよくある質問

この記事を読めば、労働衛生管理の大切さも分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


近年、長時間労働などの過重労働によって心身の健康を崩しかけている方や、職場環境の変化などに対応しきれず、精神状態が不安定になっている方が増えています。心理相談員とは、そんな方々の相談に乗り、職場における心と体の健康づくりのための仕事を行う民間資格です。

今回は、心理相談員の資格を取得する方法をご紹介しましょう。

  1. 心理相談員に関する基礎知識
  2. 心理相談員の資格を取得する方法
  3. 心理相談員の働き方
  4. 心理相談員に関するよくある質問

この記事を読めば、心理相談員になる方法がよく分かります。衛生管理者の方で心理相談員の資格に興味がある方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者は、職種を問わず従業員が50名以上所属している職場には、必ず選任が義務づけられている資格です。大企業ほど需要が高く、有資格者の確保に苦労している事業所もあるかもしれません。中には、「派遣社員を衛生管理者に選任したい」と思っているところもあることでしょう。

そこで、今回は衛生管理者の外部委託についてご紹介します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の委託について
  3. 衛生管理者を自社の社員以外から選任する方法
  4. 衛生管理者の外部委託に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格を生かして働く方法も分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


救急用具とは、職場でケガ人や急病人が出た際に、応急手当をするための用具です。包帯や消毒薬・傷薬などがあります。職場には、労働安全衛生規則で救急用具の設置が義務づけられているのです。しかし、何を設置してよいか悩んでいる方はいませんか?

そこで、今回は職場に設置する救急用具について解説しましょう。

  1. 救急用具に関する基礎知識
  2. 救急用具の設置方法について
  3. 救急用具を購入する方法
  4. 救急用具に関するよくある質問

この記事を読めば、救急用具の設置方法や管理方法がよく分かります。職場の衛生管理や安全管理を行っている方は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


労働者は、安全で衛生的な環境で仕事を行う権利があり、経営者は安全で衛生的な職場環境を整える義務があります。技術の進歩により、職場でのケガや有害物質が原因で発症する病気などは少なくなりました。その反面、長時間労働やパワハラが原因の健康被害や、精神の不調は増えています。

今回は、労働者の健康管理を行う重要性や、社員の健康管理を担う職務について解説しましょう。

  1. 労働者の健康管理とは?
  2. 労働者の健康管理を行う職務について
  3. 労働者の健康管理に関するよくある質問

この記事を読めば、職場の環境改善や労働者の健康管理の重要性がよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


労働安全衛生法とは、労働者が安全に衛生的に仕事ができることを目的に作られた法律です。もともとは労働基準法の一部でしたが、1972年に独立しました。衛生管理者や産業医の選任も、この法律に基づいて行われています。労働基準法に比べると知名度が低い労働安全衛生法ですが、労働災害を防ぐためにもコンプライアンスが重要です。

そこで、今回は労働安全衛生法に違反した場合の罰則についてご紹介します。

  1. 労働安全衛生法とは?
  2. 設置・選任・実施が義務づけられていること
  3. 労働安全衛生法に違反した場合の罰則は?
  4. 衛生管理者になるための方法
  5. 労働安全衛生法違反に関するよくある質問

この記事を読めば罰則だけでなく、労働安全衛生法が制定された目的や内容などもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


現在、長時間の残業や度重なる休日出勤など、心身の健康を損なうような働き方を社員に強要させる会社が問題となっています。従業員に課すことができる労働時間は、労働基準法によって決められており、その決まりは36条に明記されていることから、36協定と呼ばれているのです。36協定は残業や休日出勤を従業員に行ってもらう際、必ず締結しなければなりません。しかし、36協定を締結する条件や内容を知らない方も多いと思います。

そこで、今回は36協定の内容や締結しなければならない働き方、違反した場合の罰則などをご紹介しましょう。

  1. 36協定の基礎知識
  2. 36協定の内容とは?
  3. 36協定の問題点と衛生管理者の役割
  4. 36協定に関するよくある質問

この記事を読めば、法律的に正しい働き方や残業代を払う基準なども分かりますよ。衛生管理者の資格を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


「気をつけていても毎年インフルエンザに感染する」「年に数回は風邪を引いてしまう」など、ウイルスや菌に感染している方は多いでしょう。寄生虫・細菌・ウイルス・異常プリオンなどの病原体が感染して引き起こす感染症は、年々さまざまな種類が登場しています。中には予防接種が効かない・対処法がない感染症もあるのです。感染症にならなないためには、感染予防が最も大きなポイントになります。特に、多くの人が働く事業場は感染しやすい場所でもあるので、安全衛生の管理をする衛生管理者が重要な存在になるでしょう。そこで、本記事では、感染症の基礎知識や感染予防の方法・対処法・衛生管理者について詳しく説明します。

  1. 感染症の基礎知識
  2. 感染予防について
  3. 感染予防の方法について
  4. 感染症にかかってしまったときの対処法
  5. 感染予防と衛生管理者について
  6. 感染予防と衛生管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、感染予防の基礎知識と実践するために必要な情報を得ることができます。感染予防について知りたい方はぜひチェックしてください。

続きを読む


介護施設とは、介護が必要な方が入介護士をはじめとする職員の介護を受けながら生活をする施設です。要介護度が高い高齢者を介護する施設をイメージする方が多いと思いますが、体に障害を持った方や事故などで重度の後遺症が発生し、日常生活が不自由になった方が生活する施設もあります。

今回は、このような介護施設での衛生管理についてご紹介しましょう。厚生労働省などが作成した衛生管理マニュアルがインターネット上で公開されていますので、それを利用しながら衛生管理者が職場の状態をよく観察し、必要な措置を取っていくことも大切です。

  1. 介護施設における衛生管理とは?
  2. 介護施設における労働災害とは?
  3. 衛生管理者の資格を取得するには?
  4. 介護施設の衛生管理に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の仕事内容などもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?