事務所とは、事業所において多数の労働者が仕事を行う場所を指します。そのため、労働者が安全かつ衛生的に仕事を行うことができるよう、 労働安全衛生法に基づく 事務所衛生基準規則が定められており、事業者はその規則を遵守しなければなりません。しかし、遵守するために必要なことが、よく分からないという人も多いでしょう。
そこで、今回は 事務所衛生基準規則を守るために必要な、環境測定の義務について解説します。

続きを読む


作業主任者は、労働安全衛生法と関連法令によって定められた、労働災害防止のための資格です。事業場や工事現場で起こり得る労働災害を予測し、防止するために必要な管理を行います。作業者が安心して仕事を行うためには、必要不可欠な存在です。作業主任者にはさまざまな資格種類があり、それぞれ特徴や仕事内容が異なるので把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、作業主任者の基礎知識や選任・メリット・種類について説明します。

続きを読む


特定化学物質とは、労働安全衛生法によって指定された健康被害を起こす可能性の高い化学物質の総称です。第1類~第3類に分類されており、製造や取り扱いを行う事業所では、特定化学物質作業主任者が作業方法などの指導を行います。特定化学物質を扱っている工場に勤務している人の中には、作業主任者の資格を取得するように求められている人もいるでしょう。
そこで、今回は特定化学物質や特定化学作業主任者について解説します。

続きを読む


有機溶剤は引火性のある液体であり、取り扱いには正しい知識が必要です。また、有機溶剤中毒予防規則によって、厳重な管理が求められています。有機溶剤を安全に使用するためには、関連知識を身に付け、正しく管理できる人材が必要なのです。そこで、今回は、有機溶剤中毒予防規則について詳しく解説します。関連資格の取得方法も解説するので必見ですよ。

続きを読む


「金属熱」と呼ばれる症状があることをご存じですか? 亜鉛や銅などの粉塵(ふんじん)を吸い込むと生じる症状のことで、職業性疾病に分類されます。後遺症の報告もなく比較的早い回復が見込めますが、現場の環境が改善されない限り繰り返し発症する恐れがあるでしょう。金属熱が発生しやすい現場の衛生管理者は、どのように管理するべきかしっかりと学んでおく必要があります。この記事では、金属熱の症状や原因、予防法などをまとめてご紹介しましょう。

続きを読む


すべての労働者は、健康かつ衛生的に仕事を行う権利があります。そのために職場環境を整える職務を担える資格が、衛生管理者です。業種に関係なく、50名以上の従業員が所属している事業所では選任が義務づけられているため、大企業ほど高い需要があります。資格取得を目指し、勉強に励んでいる方もいることでしょう。

今回は、衛生管理者の求人や就職状況などについて解説します。

続きを読む


ヒューマンエラーとは、人為的ミスのことです。人間が作業を行う以上、完全に防ぐことはできません。しかし、よりエラーが少なくなるよう対策を立てることは可能です。また、ヒューマンエラーの危険性を従業員に教育することも、発生防止に役立つことでしょう。

今回は、ヒューマンエラーの分類と対策について解説します。

続きを読む


コントロールバンディングとは、厚生労働省から提供されているリスクアセスメント支援ツールの一種です。これを使用すれば、作業環境測定を行わなくても、作業のリスクアセスメントをある程度行うことができます。

今回は、コントロールバンディングのメリットとデメリットや、やり方を解説しましょう。

続きを読む


労働者にとって、安全・安心な職場を整えることはとても大切なことです。安全・安心な労働環境を整えるために、大きな役割を担っているのが「衛生委員会」と言われています。衛生委員会は、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置しなければなりません。衛生委員会の定義や目的などの知識を把握することで、快適かつ安全な労働環境を整えることができるでしょう。本記事では、衛生委員会の基礎知識や設置方法・議題・関連する資格などについて説明します。

続きを読む


私たちの暮らしは、あらゆる場面で明かりに照らされているものです。明かりがあることで文字・形・色など、さまざまな情報を得ています。しかし、どこまで明るくすれば適切であるのかは、場所やシチュエーションによって大きく異なるものです。そこで、今回は、照度基準について詳しく解説します。基本のJIS照度基準や新しい基準の目的や理由などについて、理解しましょう。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?