「 衛生管理者について 」一覧

労働者は、衛生的かつ健康的に仕事を行う権利があります。衛生管理者とは、そのために職場環境を整える仕事を担うことができる国家資格です。職種に関係なく従業員が50名以上所属している職場には選任が必要なため、資格を取得すれば転職にも有利でしょう。さて、衛生管理者を新しく選任した場合、最寄りの労働基準監督署に選任報告をする必要があります。
今回は、専任報告の届出方法を中心に、衛生管理者の取得方法などを解説しましょう。

続きを読む


衛生管理者とは、従業員が衛生的かつ健康的に働けるように職場環境を整える仕事ができる資格です。職種に関わらず従業員が50名以上所属している職場には、有資格者の選任が義務づけられています。また、資格を取得すれば職場手当が付くところも多いので、取得を目指す人もたくさんいることでしょう。
今回は、衛生管理者の資格について資格手当の相場を中心に解説します。

続きを読む


特定化学物質とは、労働安全衛生法によって指定された健康被害を起こす可能性の高い化学物質の総称です。第1類~第3類に分類されており、製造や取り扱いを行う事業所では、特定化学物質作業主任者が作業方法などの指導を行います。特定化学物質を扱っている工場に勤務している人の中には、作業主任者の資格を取得するように求められている人もいるでしょう。
そこで、今回は特定化学物質や特定化学作業主任者について解説します。

続きを読む


ヒューマンエラーとは、人為的ミスのことです。人間が作業を行う以上、完全に防ぐことはできません。しかし、よりエラーが少なくなるよう対策を立てることは可能です。また、ヒューマンエラーの危険性を従業員に教育することも、発生防止に役立つことでしょう。

今回は、ヒューマンエラーの分類と対策について解説します。

続きを読む


衛生管理者とは、労働者が健康を保ちながら衛生的に仕事をできるように、職場環境を整える職務を行うことのできる資格です。職務を全うするためには、必要とあれば経営者に意見を言うこともあるでしょう。その一方で、自分にどれだけの権限が与えられているのか分からずに悩んでいる衛生管理者の方もいると思います。

そこで、今回は衛生管理者の権限と責任について解説しましょう。

続きを読む


福祉施設とは、子どもや高齢者・障碍者に福祉サービスを提供する施設の総称です。一昔前までは児童福祉施設や障碍者福祉施設が多かったのですが、近年では高齢者福祉施設が毎年のように増加しています。それに伴い、福祉施設で働く人々も増えてきて、労災も増加傾向にあるのです。

そこで、今回は福祉施設における衛生管理の重要性や、労災防止のために行うことなどを解説します。

続きを読む


労働衛生とは、労働者が健康に働き続けられるように作業環境や労働条件を整えることです。一定数以上の従業員が所属している職場には、労働衛生を管理するために、衛生管理者や安全管理者・産業医などの選任が義務づけられています。「工場など危険が伴う作業ならともかく、オフィスワークに労働衛生管理が必要なのか?」と思う方もいるかもしれません。しかし、どのような職場でも働き方や職場環境によっては、従業員の健康を損ねる恐れがあります。

そこで、今回は労働衛生やその管理の仕方についてご紹介しましょう。

続きを読む


近年、長時間労働などの過重労働によって心身の健康を崩しかけている方や、職場環境の変化などに対応しきれず、精神状態が不安定になっている方が増えています。心理相談員とは、そんな方々の相談に乗り、職場における心と体の健康づくりのための仕事を行う民間資格です。

今回は、心理相談員の資格を取得する方法をご紹介しましょう。

続きを読む


衛生管理者は、職種を問わず従業員が50名以上所属している職場には、必ず選任が義務づけられている資格です。大企業ほど需要が高く、有資格者の確保に苦労している事業所もあるかもしれません。中には、「派遣社員を衛生管理者に選任したい」と思っているところもあることでしょう。

そこで、今回は衛生管理者の外部委託についてご紹介します。

続きを読む


運送業とは、主に車を利用して人や貨物を運ぶ仕事全般を指します。日本にはさまざまな運送業者があり、毎日人や貨物が全国各地へ運ばれていくのです。運送業で使う自動車はトラックやバスなど大型のものが多いので、事故が起これば大きな被害が出るでしょう。そのため、従業員が50名以上所属している運送業者の事業所には、第一種衛生管理者の選任が義務付けられています。

そこで、今回は運送業の事業所で働く衛生管理者の仕事などをご紹介しましょう。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?