「 衛生管理について 」一覧

36協定とはどんな法律?残業する場合は締結が必須?徹底解説します。

現在、長時間の残業や度重なる休日出勤など、心身の健康を損なうような働き方を社員に強要させる会社が問題となっています。従業員に課すことができる労働時間は、労働基準法によって決められており、その決まりは36条に明記されていることから、36協定と呼ばれているのです。36協定は残業や休日出勤を従業員に行ってもらう際、必ず締結しなければなりません。しかし、36協定を締結する条件や内容を知らない方も多いと思います。

そこで、今回は36協定の内容や締結しなければならない働き方、違反した場合の罰則などをご紹介しましょう。

  1. 36協定の基礎知識
  2. 36協定の内容とは?
  3. 36協定の問題点と衛生管理者の役割
  4. 36協定に関するよくある質問

この記事を読めば、法律的に正しい働き方や残業代を払う基準なども分かりますよ。衛生管理者の資格を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


感染予防を徹底しよう! 方法や注意点、企業における対策とは?

「気をつけていても毎年インフルエンザに感染する」「年に数回は風邪を引いてしまう」など、ウイルスや菌に感染している方は多いでしょう。寄生虫・細菌・ウイルス・異常プリオンなどの病原体が感染して引き起こす感染症は、年々さまざまな種類が登場しています。中には予防接種が効かない・対処法がない感染症もあるのです。感染症にならなないためには、感染予防が最も大きなポイントになります。特に、多くの人が働く事業場は感染しやすい場所でもあるので、安全衛生の管理をする衛生管理者が重要な存在になるでしょう。そこで、本記事では、感染症の基礎知識や感染予防の方法・対処法・衛生管理者について詳しく説明します。

  1. 感染症の基礎知識
  2. 感染予防について
  3. 感染予防の方法について
  4. 感染症にかかってしまったときの対処法
  5. 感染予防と衛生管理者について
  6. 感染予防と衛生管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、感染予防の基礎知識と実践するために必要な情報を得ることができます。感染予防について知りたい方はぜひチェックしてください。

続きを読む


介護施設の衛生管理は? 職務や参照マニュアルなどを徹底解説!

介護施設とは、介護が必要な方が入介護士をはじめとする職員の介護を受けながら生活をする施設です。要介護度が高い高齢者を介護する施設をイメージする方が多いと思いますが、体に障害を持った方や事故などで重度の後遺症が発生し、日常生活が不自由になった方が生活する施設もあります。

今回は、このような介護施設での衛生管理についてご紹介しましょう。厚生労働省などが作成した衛生管理マニュアルがインターネット上で公開されていますので、それを利用しながら衛生管理者が職場の状態をよく観察し、必要な措置を取っていくことも大切です。

  1. 介護施設における衛生管理とは?
  2. 介護施設における労働災害とは?
  3. 衛生管理者の資格を取得するには?
  4. 介護施設の衛生管理に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の仕事内容などもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


【必見】労働生理とはどんな内容なの? 衛生管理者取得のポイント

労働環境の衛生改善や維持のためには、衛生管理者が必要不可欠です。一定規模以上の事業所には、衛生管理者免許を取得している者を置いておかなければなりません。より良い労働環境を整える衛生管理者資格の試験には、「労働生理」という科目が含まれています。衛生管理者になるためには、労働生理について詳しく把握することが大切です。そこで、本記事では、労働生理の基礎知識や内容・勉強法など詳しく説明します。

  1. 労働生理とは
  2. 労働生理の内容
  3. 衛生管理者試験と労働生理について
  4. 労働生理の勉強法
  5. 労働生理に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛生管理者になるために必要な情報と労働生理の基礎知識を身につけることができます。衛生管理者を目指している方はぜひチェックしてください。

続きを読む


安全衛生会議とは? 議会内容や全衛生委員会の選任方法を解説します。

安全衛生委会とは、安全管理者や衛生管理者・産業医などで構成される委員会のことです。この委員会では労働者の安全や衛生に関する意見を事業者側に反映させることができます。また、安全衛生会議の設置が義務付けられていない職場でも、労働者から安全・衛生に関する意見を聞く場として安全衛生会議を開けば、同じことが可能です。

そこで、今回は労働安全衛生法によって定められている安全衛生委員会や安全衛生会議についてご紹介しましょう。

  1. 安全衛生会議の基礎知識
  2. 安全衛生会議で調査審議することとは?
  3. 安全衛生委員会の構成などについて
  4. 安全衛生会議・安全衛生委員会に関するよくある質問

この記事を読めば、安全衛生委員会を設置する意義や安全衛生会議を開催する大切さが分かります。安全管理者や衛生管理者を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


【注目】安全衛生優良企業公表制度って何? メリットを解説します!

安全衛生優良企業公表制度について、詳しく知りたい人のために制度の概要から認定を受けるメリット・認定基準などをまとめました。労働者が安心して快適に仕事をするためにも、企業が安全衛生へ配慮することは欠かすことができません。また、企業の労働環境が劣悪であることが問題となっている今、安全衛生優良企業としての認定を受けることは社会的にも大きなメリットがあります。企業として利益を生み続けるためにも、労働者の安全衛生管理や労働環境を整えることは使命と考えましょう。

  1. 安全衛生優良企業公表制度とは
  2. 安全衛生優良企業とは
  3. 安全衛生優良企業公表制度の認定について
  4. 労働安全衛生法について
  5. 安全衛生優良企業公表制度についてよくある質問

記事を読んだ人は、安全衛生優良企業公表制度について詳しい知識を得ることができます。同時に、自社で何をするべきかについても理解できるはずです。安全衛生優良企業として認定を受け公表されたい場合は、記事の内容が有益なものとなります。ぜひ、じっくり読んで役に立ててください。

続きを読む


労働環境の改善に必要な知識を身につけよう!衛生管理者の試験とは?

労働環境は事業所・企業の運営や労働者の健康に大きく影響する大切なものです。労働環境が悪くなれば、労働者の健康状態が悪くなり、会社・事業所の運営も悪化します。そのため、労働環境・職場の改善策を立てられる人が必要です。そこで、労働環境とは何なのか、労働環境の改善や労働衛生・関連する資格など詳しく説明します。

  1. 労働環境とは
  2. 労働環境の改善とは
  3. 労働衛生とは
  4. 労働衛生に関連する資格について
  5. 衛生管理者の試験について
  6. 衛生管理者取得のための勉強法
  7. 労働環境に関するよくある質問

この記事を読むことで、労働環境の改善に必要な知識を身につけることができます。労働環境の改善に役立つ資格を取得したい方は、要チェックです。

続きを読む


有害業務の健康診断について!労働基準法から派生した労働安全衛生法

従事者に対し、安全かつ健全な労働環境を守ることは事業者の義務です。業務を円滑に遂行するためにも、環境整備は急務となります。さまざまな業務形態がある中で、取りわけ配慮したいのは、有害業務従事者の健康です。有害業務従事者が健康を損ねては企業の信頼度を揺らぎ、資質をも疑われる事態となります。
有害業務に該当しているかわからない。どのような健康面でのバックアップがあるか知りたい。そうした疑問、よくわかります。今回は、有害業務従事者が守られるべき規則や健康診断についてです。そもそも、有害業務とは何かを知らない方が多いこともあるでしょう。

  1. 有害業務とは何か?
  2. 有害業務の規則
  3. 有害業務と安全衛生につちえ
  4. 有害業務や衛生管理者でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、有害業務について知り、有害業務従事者の安全を守ることができるようになります。有害業務斡旋をしている業者も守るべき規則について知り、円滑な事業継続に生かすことができるでしょう。安全衛生などについても知ることができます。

続きを読む


安全衛生委員会とは?安全衛生の規則や定義・講習会について

労働者が働く環境と健康を守るには衛生管理者が必要不可欠です。そして、衛生管理者が役割を果たしつつ、事業場や作業場全体で取り組むためには委員会の設置が必要になります。では、安全衛生委員会とは一体何なのでしょうか。安全衛生委員会の定義や内容、安全衛生委員会に関する資格、テキスト、講習会・セミナーなど詳しく説明します。衛生管理者になりたい人、安全衛生委員会について知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 安全衛生委員会の定義
  2. 安全衛生委員会について
  3. 安全衛生委員会の内容
  4. 安全衛生委員会に関する資格
  5. 安全衛生委員会と講習会、セミナーについて
  6. テキストについて
  7. 安全衛生委員会に関するよくある質問

この記事を読むことで、安全衛生委員会について深く知ることができます。

続きを読む


疑問氷解!!安全衛生推進者になるにはどんな資格が必要?

労働者は、安全にそして衛生的に働ける権利があります。
しかし、職種によっては努めて職場管理を行わないと安全と衛生がたもてないところもあるでしょう。
そのために安全管理者や衛生管理者の選任が必要ですが、従業員の数によっては選任が難しいところもあります。
そんな職場で選任されるのが安全衛生推進者です。
そこで、今回は安全衛生推進者の役割や選任されるために必要な資格などをご紹介します。

  1. 安全衛生推進者とは?
  2. 安全衛生推進者の具体的な職務とは?
  3. 安全衛生推進者になるためには?
  4. 安全衛生推進者の選任資格を得ることのメリットとは?
  5. 安全衛生推進者の資格を取得するには?
  6. 労働衛生・労働安全コンサルタントとは?
  7. 衛生管理者の資格とは?
  8. ​安全衛生推進者に関するよくある質問

安全管理者や衛生管理者になるには、講習を受けたり資格が必要だったりしますが、安全衛生推進者はどうでしょう。
安全衛生推進者を専任しなければならない職場の方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?