「 職場環境の改善方法について 」一覧

職場巡視は、衛⽣管理者の重要な仕事の1つです。週に1回職場巡視を行うことにより、事故防止や職場の問題を見つけ、改善するきっかけをつかむことができるでしょう。その一方で、「職場巡視がおざなりになってしまいがち」「職場巡視の際、気をつけるポイントがよく分からない」などの悩みを抱えている人もいると思います。

そこで今回は、職場巡視を行う理由や、実施する際に注目すべきポイントを解説しましょう。

  1. 職場巡視とは何か?
  2. 職場巡視を行うメリットや目的
  3. 職場巡視を効果的に行う方法
  4. 衛生管理者の職場巡視に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、職場巡視の際に気をつけることなどもよく分かります。衛生管理者を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


部屋の空気を清潔に保つには「排気」をきちんとしなければなりません。
排気に役立つ装置にはたくさんの種類があります。
さまざまな種類がある中、フード・吸引ダクト・排気ダクト・空気清浄装置・ファンで構成しているのが「局所排気装置」です。
これから、局所排気装置が必要になる場所、局所排気装置の種類、点検や用途について詳しく説明します。

  1. 局所排気装置が必要になる場所
  2. 局所排気装置の種類
  3. 局所排気装置の点検と用途
  4. まとめ

続きを読む


e7abef16-5077-439c-95a6-5eefb5dc9382夜勤がある職場の数は、年々増えてきています。
私たちが便利な生活を求めるほど、夜勤は必要不可欠な働き方になっていくでしょう。
しかし、夜勤は健康へのリスクが高い働き方です。
そこで、今回は夜勤が健康に与えるリスクとその対処法についてご紹介します。
夜勤がどうしても必要な職場もあるでしょう。
大切なのは、どうやって労働者の健康を守っていくかです。
そのためにできることもご紹介します。
興味がある方や衛生管理者の方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 夜勤が健康に与えるリスクとは?
  2. 夜勤のリスク対策とは?
  3. 夜勤の従業員の健康管理
  4. 夜勤の場合、法定休日はどうなるの?
  5. おわりに

続きを読む


従業員の安全を守る大切な役割を担っているのが「衛生管理者」です。
衛生管理者の資格を取得するには、故障時や異常発生時のことも考えなければなりません。
そこで、安全を確保するための設計手法「フェールセーフ」や「フールプルーフ」の違いについて説明します。
フェールセーフとフールプルーフの設計思想・事例の紹介、違いと注意点など一緒に見ていきましょう。
フェールセーフとフールプルーフの違いについて知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. フェールセーフの設計思想と事例
  2. フールプルーフの設計思想と事例
  3. 安全を確保するための注意点
  4. まとめ

続きを読む


工場や作業場では、溶接するためにさまざまな道具を使うでしょう。
溶接するときに出る光「アーク光」は私たちの目に悪影響をおよぼします。
悪い光で目の角膜に傷がつき、“電光性眼炎”になるでしょう。
「電光性眼炎」とはどんな病気なのか、詳しく説明します。
電光性眼炎の症状・原因・予防、治療法など一緒にチェックしていきましょう。
衛生管理者は現場で働く人たちの健康を管理する大切な役割です。
安心して働くことができるよう、起こるべき病気や事故を想定しなければなりません。

  1. 電光性眼炎の症状
  2. 電光性眼炎の原因
  3. 電光性眼炎の予防と治療法
  4. まとめ

続きを読む


職場には、定期的に新人が入ってきます。新卒や中途入社にかかわらず、どんな職種でも社員教育は必要。その方法のひとつがOJTです。そこで、今回はOJTのやり方やメリット・デメリットをご紹介します。今は企業も体力がなく、新人育成に昔ほど時間をかけていられないところが多いです。しかし、OJTがうまくいけば時間をかけたり外部から講師を招いたりする必要もありません。

では、そのために注意するポイントなどは何でしょうか?答えは、この記事を読めば分かります。

  1. OJTって何?
  2. OJTのメリットやデメリットとは?
  3. OJTが成功する方法とは?
  4. おわりに

続きを読む


いつも向かう必要のある職場。しかし、その職場の人間関係で悩む人は多いです。悩みが深刻になってくると職場に向かうだけでストレスとなり辞める人もいます。そこで、職場の人間関係をよくする対処法について紹介しましょう。
この記事では、職場の人間関係に関する対処法についてまとめました。

  1. 人間関係に疲れやすい人はこんな人
  2. 人間関係を円滑にする対処法
  3. 職場で好かれるタイプ
  4. 職場で嫌われるタイプ
  5. まとめ

続きを読む


荷役作業を行っている食名は多いでしょう。
しかし、最も事故が発生する可能性が高い作業でもあります。
ちょっとした不注意がきっかけで大きな事故が起こるかもしれません。
そこで、今回は荷役作業の安全対策をご紹介します。
いったいどんなことに気をつければ事故を防げるのでしょうか?
また、万が一事故が発生した場合の対処法もご紹介します。
「自分の職場だけは大丈夫」という思いこみが、事故を招く原因になるかもしれません。
特に、衛生管理者や安全管理者の方は必見ですよ。

  1. 荷役作業とは?
  2. 荷役作業中に起こる可能性がある労災とは?
  3. 荷役作業の安全対策とは?
  4. もし、労災が起こったら?
  5. おわりに

続きを読む


現在の日本は、高齢化が急速な勢いで進んでいます。
現在の定年は60歳ですが、再雇用を望む方も増えているのです。
しかし、「高齢社員のモチベーションがいまひとつで、悩んでいる」という会社は少なくありません。
そこで、今回は高齢社員のモチベーションを向上させる方法をご紹介しましょう。
現在、50代以上の会社員は、高い役職に就いてがんばっていた方も多いと思います。
それが再就職によって失われてしまうとどうしてもモチベーションは下がりがちになるでしょう。
その上げ方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 再就職の理想と現実とは?
  2. 高齢社員のモチベーション低下が招くデメリットとは
  3. 高齢社員のモチベーションを向上させるには?
  4. おわりに

続きを読む


日に日に寒さが厳しくなる季節になりました。
体調を崩す人増えるでしょう。
さて、これから春先まで気をつけなければならない感染症といえば、インフルエンザです。
社会人になれば、少々の体調不良では休めないということもあるでしょう。
しかし、インフルエンザにかかったまま出社すれば、感染を広めるだけです。
そこで、今回は職場のインフルエンザ対策についてご説明します。
職場でガイドラインを統一すれば決して難しいことではありません。
衛生管理者など職場の健康を管理する立場にある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. インフルエンザと普通のかぜの違いとは?
  2. インフルエンザが流行しやすい職場とは?
  3. インフルエンザの流行を防ぐための対策とは?
  4. おわりに

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?