「 その他 」一覧

作業主任者は、労働安全衛生法と関連法令によって定められた、労働災害防止のための資格です。事業場や工事現場で起こり得る労働災害を予測し、防止するために必要な管理を行います。作業者が安心して仕事を行うためには、必要不可欠な存在です。作業主任者にはさまざまな資格種類があり、それぞれ特徴や仕事内容が異なるので把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、作業主任者の基礎知識や選任・メリット・種類について説明します。

  1. 作業主任者の基礎知識
  2. 作業主任者の選任について
  3. 作業主任者のメリット
  4. 作業主任者の種類
  5. 作業主任者に関してよくある質

この記事を読むことで、作業主任者の種類について分かり、資格試験に向けて準備を整えることができます。受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


自由に喫煙できるスペースは、年々減り続けています。駅や病院・商業施設などの公共の場所は、禁煙が当たり前になりました。職場でも、喫煙対策を行っているところが多いことでしょう。喫煙の害はいろいろありますが、中でも受動喫煙の害や火災の危険は、喫煙者・非喫煙者共によく周知しておかなければなりません。

そこで、今回は職場の喫煙対策について解説しましょう。

  1. 職場の喫煙対策について
  2. 労働衛生と喫煙対策
  3. 労働衛生に関する資格について
  4. 職場の喫煙対策に関するよくある質問

この記事を読めば、喫煙対策の種類だけでなく喫煙対策を行う職務についてもよく分かりますよ。職場で衛生管理の仕事をしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


労働安全衛生法とは、労働者が安全に衛生的に仕事ができることを目的に作られた法律です。もともとは労働基準法の一部でしたが、1972年に独立しました。衛生管理者や産業医の選任も、この法律に基づいて行われています。労働基準法に比べると知名度が低い労働安全衛生法ですが、労働災害を防ぐためにもコンプライアンスが重要です。

そこで、今回は労働安全衛生法に違反した場合の罰則についてご紹介します。

  1. 労働安全衛生法とは?
  2. 設置・選任・実施が義務づけられていること
  3. 労働安全衛生法に違反した場合の罰則は?
  4. 衛生管理者になるための方法
  5. 労働安全衛生法違反に関するよくある質問

この記事を読めば罰則だけでなく、労働安全衛生法が制定された目的や内容などもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


ズバリスキルや即戦力が重要視される転職では、どのような資格を持っているかも大切な判断材料となります。
また、資格を持っている人と持っていない人では、同じ職種においても将来的に大きな差が生じることもあるのです。
では、これからの時代に使える資格とは何なのでしょうか?
ここでは、転職活動を有利に行える資格や転職後のキャリアアップを目指すために取得すべき資格をご紹介します。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?