衛生管理者の設置義務について知りたい! 条件や法律による決まりは?

「衛生管理者の資格を職場から取得するようにすすめられた」という人はいませんか? 衛生管理者は、一定の従業員が所属している職場には、必ず選任が必要です。資格取得を目指す人の中には、衛生管理者の設置義務について知りたいと思っている方もいるでしょう。

今回は、衛生管理者の設置義務や資格取得の方法などについて解説します。

  1. 衛生管理者の資格概要
  2. 衛生管理者の設置義務について
  3. 衛生管理者の資格取得について
  4. 衛生管理者の設置義務に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者を取得するメリットもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の資格概要

はじめに、衛生管理者の定義や職務、取得するメリットを紹介します。

1-1.衛生管理者は職場の衛生管理を行う国家資格

衛生管理者は、従業員が衛生的かつ健康的に仕事を行うことができるよう、職場環境を整える仕事を行える国家資格です。第一種と第二種があり、第一種はすべての職場で衛生管理の仕事を行うことができます。第二種は、小売業など労働災害が発生する危険が少ない職場でだけ衛生管理を行うことが可能です。

1-2.衛生管理者の職務

衛生管理者の主な仕事は、以下のようなものです。

  • 衛生教育(安全教育):健康に害が出る物質を扱っている職場ほど重要
  • 健康診断の計画・実施・結果の管理
  • 作業環境管理:週に1度の職場巡視をしたうえで、改善が必要ならば経営者に提言をする
  • ストレスチェックの実施補佐
  • 労働衛生委員会(安全衛生委員会)の結成・運営など
  • 産業医と従業員の橋渡し

なお、衛生管理者の多くが別の仕事を行いながら、衛生管理者の職務を行っています。

1-3.資格を取得すると資格手当などがつく

衛生管理者は、職種問わず従業員が50名以上所属している職場には、選任が必要です。そのため、大規模な事業所ほど有資格者の需要があります。資格を取得していれば、転職の武器になるほか、資格手当を支給する職場も多いので昇給にもつながるでしょう。また、衛生管理者の資格を取得していれば、衛生管理の仕事をしていたという経験の証明にもなります。

2.衛生管理者の設置義務について

この項では、衛生管理者の設置義務を詳しく解説していきます。

2-1.50人以上の従業員が所属している事業所には選任が必要

前述したように、衛生管理者は職種問わず従業員が50名以上所属している事業所に選任が必要です。雇用形態は関係ありません。正社員が1名にパートが49名でも必要です。また、従業員のほとんどが外部に派遣されている場合も冷害ではありません。

2-2.従業員が増えるほど衛生管理者の選任人数も増える

従業員が200名以上ならば衛生管理者は2人、500名以上は3名、1,000人以上なら4名と従業員が多いほど選任が必要な衛生管理者の数も増えていきます。また、常時1,000人を超える従業員が所属している職場や炭鉱、労働基準法施行規則第18条に掲げる業務に、常時30名以上の従業員を雇用している場合は、少なくとも1名の衛生管理者は専任でなくてはなりません。

2-3.衛生工学管理者の選任が必要な場合

常時500名の従業員が所属している職場や、労働基準法施行規則第18条第1号・第3号~第5号、もしくは第9号に掲げる業務に常時30名以上の従業員を雇用している場合、少なくとも1名は衛生工学管理者の資格を持つ人を選任しなければなりません。

2-4.衛生管理者を選任しないと罰則がある

衛生管理者は、選任義務が生じた場合14日以内に選任しなくてはなりません。選任しないと50万円以下の罰金刑が科せられます。なお、どうしても選任できない場合は、最寄りの労働基準監督署に相談してください。

3.衛生管理者の資格取得について

この項では、衛生管理者の資格取得方法について解説します。

3-1.衛生管理者の資格取得方法

衛生管理者の資格は、衛生管理の実務経験を積んだ後で安全衛生技術試験協会が主催する試験を受けて合格し、取得する人が多いでしょう。また、薬剤師・保健師・医師などを取得していれば、各自治体の労働基準監督署に申請を行うだけで第一種衛生管理者の資格が取得できます。受験資格を得るために必要な実務経験の期間は、学歴によって異なるので、詳しくは安全衛生技術試験協会のサイトを確認してください。

3-2.試験内容や申し込み方法など

衛生管理者試験は、全国各地の安全衛生技術センターでほぼ毎月行われます。国家試験の中では最も回数の多い試験の1つです。その一方で、定員に達すると申し込み期間中であっても募集を締め切ってしまうので、注意しましょう。特に、土日の試験日は人気です。センターの場所や試験日については安全衛生技術試験協会のサイトを参照してください。また、試験内容や申し込み方法はこちらの記事にも詳しいので、ぜひ併せて読んでみましょう。

4.衛生管理者の設置義務に関するよくある質問

この項では、衛生管理者の設置義務に関する質問を紹介します。

Q.衛生管理者を複数選任する場合は、1人は専任でなくてもかまいませんか?
A.はい。1人専任であれば大丈夫です。

Q.複数の事業所を衛生管理者1人でかけ持ちすることはできますか?
A.同じ敷地内にあり、同種の仕事ならば可能です。

Q.衛生管理者は正社員でなければなりませんか?
A.第二種衛生管理者が職務を行える職場ならば、派遣社員でも選任できます。しかし、長期雇用契約を結ばなくてはなりません。

Q.産業医と衛生管理者を兼ねられるでしょうか?
A.兼ねられますが、職場に常駐が必要です。

Q.衛生管理者を複数選任する場合、第一種だけが職務を行える職場でも、補佐として第二種を選任することは可能でしょうか?
A.いいえ。不可能です。衛生コンサルタントや、医師・薬剤師ならば選任ができます。

まとめ

いかがでしたか? 今回は衛生管理者の設置義務について解説しました。衛生管理者は事業所に従業員が多いほど選任する人数も多くなります。また、衛生管理者を取得しておけば転職などの役に立つことでしょう。試験回数が多く比較的取得しやすい仕事です。機会があったらぜひ挑戦してみましょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?