衛生管理者の職務・職種を解説! 資格を活用して行う仕事は?

衛生管理者は、職種問わず50名以上の従業員が所属する事業所には、選任が必要です。しかし、「衛生管理者になったら、どのような職種の事業所でも衛生管理が可能なのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。そこで今回は、衛生管理者の職務や資格を活用して働くことができる職種などについて解説します。

  1. 衛生管理者の資格区分と業務を行える職種
  2. 衛生管理者の就職や求人について
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格試験についてもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の資格区分と業務を行える職種

はじめに、衛生管理者の資格を活用して働く場合の職種などについて解説します。

1-1.衛生管理者は必ずどこかの会社に所属して職務を行う

衛生管理者の資格を活用して仕事を行う場合、必ずどこかの会社に所属して職務を行います。独立開業することはできません。ただし、労働衛生コンサルタントの資格を取得して衛生管理の仕事をする場合は、独立開業することが可能です。なお、衛生管理者が事業所のどの部署に所属するかは会社によって異なりますが、総務や人事に所属することが多いでしょう。

1-2.第一種衛生管理者はすべての職種で選任が可能

衛生管理者は、第一種と第二種があります。第一種は、すべての職種で衛生管理の仕事を行うことが可能です。ですから、第一種衛生管理者を取得している方が、資格を活用して就職・転職を行いやすいでしょう。

1-3.第二種は選任できる職種に限りがある

第二種は、以下に上げるような職種以外で衛生管理の職務を行うことができます。

  • 農林畜産水産業
  • 鉱業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気業
  • ガス業
  • 水道業
  • 熱供給業
  • 運送業
  • 自動車整備業
  • 機械修理業
  • 医療業
  • 清掃業

これを見ると、第二種衛生管理者は小売業や金融業など労働災害が起こりにくい職種で衛生管理の職務を行えることが分かるでしょう。

1-4.衛生管理者は正社員での雇用が基本

前述した、第一種衛生管理者のみ衛生管理の職務を行える職種は、衛生管理者を正社員で雇用しなければなりません。一方、第二種衛生管理者でも衛生管理が行える職種の場合は、派遣社員を衛生管理者に選任することもできます。ただし、長期契約を結ばなければなりません。

2.衛生管理者の就職や求人について

この項では、衛生管理者を求めている職場や職務について解説します。

2-1.衛生管理者の需要は幅広い

前述したように、衛生管理者は職種問わず従業員が50名以上所属している事業所に選任が必要です。また、200人超~500名以下は2人、500名超~1,000人以下は3人というように、大きな事業所ほど選任が義務づけられている衛生管理者の数が増えていきます。ですから、常に一定の需要があると考えていいでしょう。また、事業拡大で従業員が増えて50名以上になった時点で、衛生管理者専任の義務が生まれます。ですから、急成長している業界ほど需要も高いでしょう。

2-2.衛生管理者の仕事内容

衛生管理者の仕事は、週1度の職場巡視が基本です。このほか、以下のような仕事があります。

  • 衛生教育:従業員が健康的に仕事が行えるよう、教育を行う
  • 健康診断の実施・結果の管理
  • 作業環境管理:従業員が健康的に仕事ができるよう、職場を整えて改善する
  • ストレスチェックの実施補佐
  • 労働衛生委員会(安全衛生委員会)の結成・運営など
  • 産業医と従業員の橋渡し

2-3.衛生管理者の求人事情

衛生管理者の求人はハローワークのほか、転職サイトなどで募集されています。衛生管理者は、選任が必要になってから14日以内に選任しなければなりません。そのため、より素早く掲載が可能な転職サイトの方が求人が多いこともあるでしょう。衛生管理者の資格を活用して転職したい場合は、ハローワークだけでなく転職サイトも活用してください。

3.衛生管理者の資格取得方法

この項では、衛生管理者の資格取得方法や勉強のコツを紹介します。

3-1.衛生管理者の資格を取得する方法

衛生管理者の資格を取得するには、衛生管理の実務経験を積んだ後で安全衛生技術試験協会が主催する試験を受けて合格し、取得する方法が一般的です。また、薬剤師・保健師・医師などを取得していれば、各自治体の労働基準監督署に申請を行うだけで第一種衛生管理者の資格が取得できます。

3-2.衛生管理者試験の受験資格について

衛生管理者試験の受験資格を得るには、一定の実務経験が必要です。実務経験の期間は学歴によって変わるので、詳しくは安全衛生技術試験協会のサイトを確認してください。なお、第二種の方が第一種よりも実務経験の期間が短くなっています。

3-3.衛生管理者の試験科目

衛生管理者の試験は、以下のような3科目の学科試験です。

  • 労働衛生
  • 関係法令
  • 労働生理

資格区分による科目の違いはありません。各科目6割以上の得点で合格になりますが、1科目でも得点数が4割未満であれば不合格になります。2教科が満点でも、1教科が39点では不合格です。
なお、第二種衛生管理者を取得した後に第一種の試験を受ける場合は、労働生理の科目が免除になります。さらに、ほかの教科も問題の一部が免除されるので、より取得しやすくなるでしょう。

3-4.試験の日程や申し込み方法など

衛生管理者の試験は、全国各地の安全衛生技術センターでほぼ毎月行われます。国家試験の中では最も試験回数が多い試験の1つです。ただし、試験日には平日も含まれているので、土日に試験を受けたい人は注意しましょう。詳しい日程やセンターの場所は、は安全衛生技術試験協会のサイトに記載されています。どこのセンターで試験を受けてもかまいません。

また、1年に何度も試験を受けることも可能です。その一方で、会場がいっぱいになってしまえば、試験の申し込み期間中でも募集を締め切ります。年に1度、センターから遠いところに住んでいる人向けに地方試験も実施されるので、それを利用してもいいですね。

試験の申し込みは、安全衛生技術試験協会のサイトから願書を入手し、必要事項を記入して試験を受けたいセンター宛に郵送しましょう。受験料は6,800円です。

3-5.おすすめの勉強方法

衛生管理者試験の合格率は、第一種が45%・第二種が55%です(2017年度)。かなり高いですが、これは1年に何度も試験を受けられるためで、一発で合格できる割合は25%前後と言われています。決して易しい試験ではありません。

衛生管理者の試験勉強は独学でも可能です。しかし、仕事と受験勉強を両立する場合、効率よく勉強することが大切になってくるでしょう。そこでおすすめなのが、SATの教材です。SATの教材はテキストだけでなく、専門の講師による講義を収録したDVDやeラーニングがついてきます。特に、eラーニングはスマートフォンやタブレットでも視聴可能なので、通勤時間や休み時間にも勉強するのに便利です。

4.衛生管理者に関するよくある質問

この項では、衛生管理者に関するよくある質問を紹介します。

Q.衛生管理者の資格を活用して仕事をする場合、衛生管理者の職務だけを行うことは可能ですか?
A.いいえ。ほとんどの場合ほかの業務を行いながら衛生管理者の職務をすることになるでしょう。

Q.衛生管理者が、2つの事業所の衛生管理を行うことはできますか?
A.基本的にはできません。ただし、同一敷地内に2つの事業所があり、徒歩で行き来できる場合など例外が認められることもあります。

Q.産業医と衛生管理者の兼任は可能ですか?
A.可能ですが、その場合、産業医は事業所に常駐していなければなりません。1週間に1度だけやってきて職場巡視を行うといった働き方はできないので注意しましょう。

Q.衛生管理者の資格と一緒に取得しておくとよい資格はありますか?
A.危険物取扱者などを取得しておくと、仕事の範囲が広がるでしょう。また、鉱業や建築業より労働災害が発生しやすい職場は、衛生工学衛生管理者免許を取得している人が採用されやすい傾向があります。

Q.衛生管理者の資格を取得していれば、何歳でも転職に有利ですか?
A.たとえば、鉱業や建築業など労働災害が発生しやすい職場で長年衛生管理を行ってきた場合、その経験を活かして転職することもできるでしょう。経験を積めば転職しやすくなる資格です。

まとめ

いかがでしたか? 今回は衛生管理者の職種などについて解説しました。衛生管理者はどのような職場でも50名以上の従業員がいる場合は、選任が必要です。取得しておけば仕事の幅が広がります。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?