衛生管理者の選任報告義務とは何? 報告をするべき場所とは?

労働者は、衛生的かつ健康的に仕事を行う権利があります。衛生管理者とは、そのために職場環境を整える仕事を担うことができる国家資格です。職種に関係なく従業員が50名以上所属している職場には選任が必要なため、資格を取得すれば転職にも有利でしょう。さて、衛生管理者を新しく選任した場合、最寄りの労働基準監督署に選任報告をする必要があります。
今回は、専任報告の届出方法を中心に、衛生管理者の取得方法などを解説しましょう。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の選任義務について
  3. 衛生管理者の選任報告について
  4. 衛生管理者の選任報告に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、衛生管理者を選任した後に必要な手続きがよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している人はぜひ、読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の基礎知識

はじめに、衛生管理者とはどのような資格かということを解説します。なぜ、選任が必要なのでしょうか?

1-1.衛生管理者とはどのような資格

前述したように衛生管理者とは、従業員の健康や安全を損ねないように、職場環境を整える仕事を行える資格です。仕事の一例には、以下のようなものがあります。

  • 健康診断の実施と結果の管理
  • 週に1度以上の職場巡視
  • 衛生委員会(安全管理者が選任されている職場では、安全衛生委員会)の設置と運営
  • 産業医と従業員との橋渡し
  • ストレスチェックの実施補佐
  • 衛生教育の実施

衛生管理者の資格が制定された1970年代は、まだ健康に悪影響がある仕事も多く、職場環境を努めて整える必要がありました。現在は、技術の進歩によって健康に悪影響がでる可能性の高い仕事は少なくなっています。しかしその一方で、過重労働をはじめ、セクハラやパワハラに悩む人が増加しているのです。衛生管理者は従業員の体の健康だけでなく、心の健康をチェックし、必要とあれば産業医との橋渡しをする役割が期待されています。

1-2.衛生管理者の種類

衛生管理者には、第一種と第二種があります。第一種は、どのような職種の職場でも衛生管理を行うことが可能です。第二種は、販売業や、事務仕事が中心のオフィスなど、有害業務が少ない職場で衛生管理を行うことができます。第一種の方が仕事の範囲が広いので、取得するならば第一種がおすすめです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?