インフルエンザで出勤停止になる理由とは? 法律で決まっているの?

寒さが本格的な季節がやってきました。これから春になるまで流行する病気といえば、インフルエンザです。インフルエンザは咳やくしゃみから感染するため、職場に感染者が1人出ると集団感染が起こる可能性があります。そこで、インフルエンザを発症したら、出勤停止になる職場も多いのです。では、出勤停止の基準や期間はどのくらいなのでしょうか?
そこで、今回はインフルエンザを発症した際の出勤停止について解説します。

  1. インフルエンザの基礎知識
  2. インフルエンザと出勤停止について
  3. インフルエンザによる出勤停止に関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、インフルエンザの予防や治療に関することもよく分かることでしょう。興味がある人はぜひ読んでみてくださいね。

1.インフルエンザの基礎知識

はじめに、インフルエンザと風邪の違いや、インフルエンザの怖さを解説します。なぜ、発症すると出勤停止になるのでしょうか?

1-1.インフルエンザの定義

インフルエンザは、インフルエンザウィルスに感染して発症する病気です。以前は風邪と混同されていましたが、冬季のみに流行する、38度以上の高熱が出る、関節痛や全身のけん怠感が出るなど、インフルエンザ独特の症状があります。また、インフルエンザ脳症や二次性細菌性肺炎などの合併症を発症すると、命にかかわることもあるでしょう。特に、高齢者や2歳までの乳幼児はインフルエンザを発症すると命にかかわるような重篤な症状になりやすくなります。

1-2.インフルエンザの種類と特徴

インフルエンザは、A・B・Cの3種類があり、このうち季節性インフルエンザとして12月末~3月くらいまで流行するのが、A型とB型です。また、A型のウィルスは毎年少しずつ変化しており、鳥や豚など人以外の動物に感染した結果、新しいインフルエンザ(新型インフルエンザ)が現れることもあります。2009年に新型インフルエンザが世界的に流行したときは、大きなニュースになりました。
インフルエンザは、低温で乾燥した空気を好みます。ですから、毎年冬に流行するのです。また、感染力が強く、患者の咳やくしゃみから感染する飛沫感染で、患者が増えていきます。そのため、同じ空間でたくさんの人が長時間過ごす学校や職場で集団感染が起こることも珍しくありません。

1-3.インフルエンザの症状

インフルエンザウィルスに感染すると、1~3日の潜伏期間の後、38度以上の高熱・関節痛・全身のけん怠感などの症状が現れます。3日ほどで熱は下がりますが、咳・くしゃみ・のどの痛みなどは1週間近く続くのが一般的です。熱が下がっても、咳やくしゃみなどの症状が続いているうちはウィルスが体内から排出され続けるので、感染の危険があります。
なお、適切な治療を受けないと2歳までの幼児はインフルエンザ脳症、高齢者は二次性細菌性肺炎などの合併症を発症する恐れがあるでしょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?