衛生管理者になると資格手当が付く? その相場はどの程度?

衛生管理者とは、従業員が衛生的かつ健康的に働けるように職場環境を整える仕事ができる資格です。職種に関わらず従業員が50名以上所属している職場には、有資格者の選任が義務づけられています。また、資格を取得すれば職場手当が付くところも多いので、取得を目指す人もたくさんいることでしょう。
今回は、衛生管理者の資格について資格手当の相場を中心に解説します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の資格手当について
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者や資格手当に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、衛生管理者を取得するメリットもよく分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の基礎知識

はじめに、衛生管理者とはどのような資格かということを解説します。なぜ、職種問わず選任が必要になるのでしょうか?

1-1.衛生管理者とはどのような資格?

前述のとおり、衛生管理者とは従業員が衛生的かつ健康的に仕事を行えるよう、職場環境を整える仕事を行うための資格です。1950年代まで、職場の健康管理は医師の仕事でした。しかし、医師だけでは日本にある職場すべての健康管理を行うことができません。そこで、1972年に労働安全衛生法とそれに基づいた労働安全衛生規則が制定されたのと同時に、衛生管理者という資格が誕生しました。この時は資格区分はありませんでしたが、1989年に労働安全衛生法が改定された際に、第一種と第二種の資格区分ができ、現在に至ります。

1-2.資格区分について

衛生管理者には、第一種と第二種があります。従業員50名以上が所属している事業所は、職種に関わらず衛生管理者を選任しなければなりません。第一種は、どのような職種の職場でも衛生管理を行うことができます。第二種は、販売業や、事務仕事が中心のオフィスなど、有害業務が少ない職場で衛生管理を行うことが可能です。需要はもちろん第一種の方が高いので、可能ならば第一種を取得しましょう。

1-3.衛生管理者の仕事

衛生管理者の仕事は、主に以下のようなものです。

  • 健康診断の実施と結果の管理
  • 週に1度以上の職場巡視
  • 衛生委員会(安全管理者が選任されている職場では、安全衛生委員会)の設置と運営
  • 産業医と従業員との橋渡し
  • ストレスチェックの実施補佐
  • 衛生教育の実施
  • 労働衛生保護具や救急箱などの定期点検

特に、ストレスチェックは2015年12月より、厚生労働省によって実施が義務づけられた新しい取り組みです。近年は、過重労働によって肉体だけでなくメンタルの調子を崩す人が珍しくありません。職場によっては精神の健康管理に、より重点を置くところも増えています。

1-4.衛生管理者の資格取得方法

衛生管理者の資格を取得するには、2つの方法があります。1つは、大学で薬学や医学など所定の学科を専攻し、薬剤師・保健師・医師などを取得した後で労働基準監督署に申請をする方法です。もう1つは、衛生管理の実務経験を一定期間積み、安全衛生技術試験協会が主催する試験を受けて合格する方法になります。医師や薬剤師の資格を取得して申請する方法を利用する方法だと、取得できるのは第一種だけです。なお、衛生管理の実務経験は学歴によって必要な期間が異なります。詳しくは協会のホームページを確認してください。

1-5.資格取得のメリット

衛生管理者は、従業員が50名以上所属している職場なら職種問わず需要があります。なお、勤務形態は関係ありません。パートやアルバイトが49人に正社員1名の職場でも選任する必要があります。また、従業員のほとんどが外部に派遣されており、事務所には常時責任者しかいないような職場でも、50名以上従業員が所属していれば衛生管理者の選任は必要です。
さらに、従業員が49名以下の職場では「安全衛生推進者」が衛生管理の仕事を行います。資格を取得していれば、この仕事を任されることも多く、無資格よりも転職に断然有利です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?