衛生管理者の資格が転職に有利って本当? その理由や取得方法とは?

有利な条件で転職するために何か資格を取得したい、と考えている人は多いことでしょう。資格はたくさんありますが、転職に有利な資格となると、限られています。中でも、資格を取得するために一定の実務経験が必要な資格は、技術や経験の証明にもなるため、転職に有利です。
そこで、今回はこのような資格のうち、衛生管理者の転職事情について解説しましょう。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の資格が転職に有利な理由
  3. 衛生管理者の試験について
  4. 衛生管理者や転職に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得方法もよく分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の基礎知識

はじめに、衛生管理者とはどのような資格か、ということを解説します。どのようなことができるのでしょうか?

1-1.衛生管理者とは?

衛生管理者とは、労働者が衛生的かつ健康的に仕事を行うことができるよう、職場環境を整える職務を行うための資格です。職種に関係なく50名以上の従業員が所属している事業所には選任が義務づけられており、以下のような職務を行います。

  • 健康診断の計画を立て、結果の管理を行う
  • 週に1度以上の職場巡視
  • 衛生委員会(安全管理者が選任されている職場では、安全衛生委員会)の設置と運営
  • 産業医と従業員の面談を設定し、橋渡しを行う
  • ストレスチェックの実施補佐
  • 衛生教育の実計画と実施
  • 労働衛生保護具や救急箱などの定期点検

また、衛生管理に関して、経営者は衛生管理者に権限を一任しなければなりません。職場の衛生状態を改善してほしいと要求されれば、至急検討する必要があります。

1-2.衛生管理者の種類

衛生管理者には、以下のような種類があります。

  • 第一種:すべての職場で衛生管理を行うことが可能
  • 第二種:小売業をはじめとする、危険が少ない職場でのみ衛生管理を行うことが可能

転職に有利なのは、もちろん第一種のほうです。第二種を取得できたら、ぜひ第一種取得を目指してみましょう。

1-3.資格取得の方法

衛生管理者の資格を取得するには、2つの方法があります。1つは、薬剤師・保健師・医師などを取得して、各自治体にある労働基準監督署に申請を行う方法です。この方法では、実務経験がなくても第一種を取得できます。もう1つは、衛生管理の実務経験を積んだ後で、安全衛生技術試験協会が主催する試験を受けて合格する方法です。受験資格を得られる実務経験の期間は学歴によって異なるので、資格取得を目指す人はまず協会のホームページを確認してください。
ちなみに、第二種のほうが受験資格を得るための実務経験の期間が短くなっています。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?