衛生管理者の資格が転職に有利って本当? その理由や取得方法とは?

有利な条件で転職するために何か資格を取得したい、と考えている人は多いことでしょう。資格はたくさんありますが、転職に有利な資格となると、限られています。中でも、資格を取得するために一定の実務経験が必要な資格は、技術や経験の証明にもなるため、転職に有利です。
そこで、今回はこのような資格のうち、衛生管理者の転職事情について解説しましょう。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の資格が転職に有利な理由
  3. 衛生管理者の試験について
  4. 衛生管理者や転職に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得方法もよく分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の基礎知識

はじめに、衛生管理者とはどのような資格か、ということを解説します。どのようなことができるのでしょうか?

1-1.衛生管理者とは?

衛生管理者とは、労働者が衛生的かつ健康的に仕事を行うことができるよう、職場環境を整える職務を行うための資格です。職種に関係なく50名以上の従業員が所属している事業所には選任が義務づけられており、以下のような職務を行います。

  • 健康診断の計画を立て、結果の管理を行う
  • 週に1度以上の職場巡視
  • 衛生委員会(安全管理者が選任されている職場では、安全衛生委員会)の設置と運営
  • 産業医と従業員の面談を設定し、橋渡しを行う
  • ストレスチェックの実施補佐
  • 衛生教育の実計画と実施
  • 労働衛生保護具や救急箱などの定期点検

また、衛生管理に関して、経営者は衛生管理者に権限を一任しなければなりません。職場の衛生状態を改善してほしいと要求されれば、至急検討する必要があります。

1-2.衛生管理者の種類

衛生管理者には、以下のような種類があります。

  • 第一種:すべての職場で衛生管理を行うことが可能
  • 第二種:小売業をはじめとする、危険が少ない職場でのみ衛生管理を行うことが可能

転職に有利なのは、もちろん第一種のほうです。第二種を取得できたら、ぜひ第一種取得を目指してみましょう。

1-3.資格取得の方法

衛生管理者の資格を取得するには、2つの方法があります。1つは、薬剤師・保健師・医師などを取得して、各自治体にある労働基準監督署に申請を行う方法です。この方法では、実務経験がなくても第一種を取得できます。もう1つは、衛生管理の実務経験を積んだ後で、安全衛生技術試験協会が主催する試験を受けて合格する方法です。受験資格を得られる実務経験の期間は学歴によって異なるので、資格取得を目指す人はまず協会のホームページを確認してください。
ちなみに、第二種のほうが受験資格を得るための実務経験の期間が短くなっています。

2.衛生管理者の資格が転職に有利な理由

2-1.有資格者を必要としている職場が多い

衛生管理者は従業員が50名以上所属している職場には、必ず選任しなければなりません。従業員の雇用形態は関係なく、パートやアルバイトが49人に正社員1名の職場でも選任する必要があります。また、企業が順調に成長した場合、従業員が50名になった時点で選任義務が生じるのです。
そのため、大企業ほど衛生管理者の需要が高く、常時200人以上従業員を雇用している場合は2人、500人以上なら3人と人数が増えるほど、必要な衛生管理者の数も増えていきます。

2-2.正社員になれやすい

製造業をはじめとする、第一種衛生管理者の選任が必要な職場は、必ず正社員で雇用しなければなりません。事務職など、第二種が衛生管理をおこなえる職場では、派遣社員でも選任することができますが、長期雇用が条件となっています。ですから、派遣社員から正社員になりたいという場合も、衛生管理者は有利です。

2-3.経験の証明にもなる

衛生管理者の資格は、一定の実務経験を経て取得する人が大半です。すから、有資格者であれば即戦力になれます。なお、看護師・保健師・労働コンサルタント・衛生コンサルタントなどの資格も一緒に取得していると、さらに転職に有利でしょう。また、従業員が49名以下の職場でも、安全衛生推進者として求められることもあります。これは、従業員50名未満の職場で安全管理、衛生管理を行なう職務です。

3.衛生管理者の試験について

この項では、衛生管理者の試験内容や勉強方法のコツを解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.試験内容について

衛生管理者の試験は、

  • 労働衛生
  • 関係法令
  • 労働生理

の3科目です。第一種・第二種に科目数の違いなどはありません。ただし、第二種の試験には有害業務に関する問題は出題されないので、その分試験範囲が狭いと言えるでしょう。試験は各科目6割以上の点数で合格です。ただし、1科目でも得点数が4割未満であれば不合格になります。たとえば、1教科が100点でも他の教科が39点だった場合は不合格になるので、注意しましょう。
また、第二種衛生管理者を取得した後に第一種の試験を受ける場合は、労働生理の科目が免除になり、残りの2科目も有害業務に関する問題だけになります。ですから、普通に第一種を受験するよりかなり合格しやすくなるでしょう。

3-2.試験の日程

衛生管理者の試験は、全国各地の安全衛生技術センターで行われます。センターの正確な所在地については安全衛生技術試験協会のホームページを確認してください。衛生管理者の試験は国家試験の中でも最も実施回数が多く、最低でも月に1回は試験があります。東京や大阪などの大都市にあるセンターでは、月に3,4回試験が行われていますので、その気になれば月に2回以上試験を受けることも可能です。ただし、回数が多い分、会場がいっぱいになってしまえば、試験の申し込み期間中でも募集を締め切ってしまいます。土日などの休日は人気が集中するので、早めに応募しましょう。また、年に1度、地方試験も実施されますので、センターまで遠い人は地方試験を利用すると便利です。

3-3.申し込み方法

試験を申し込むには、願書を各地のセンターや安全衛生技術試験協会のホームページから入手し、必要事項を記入して、

  • 免許証など本人を確認する書類
  • 卒業した学校を確認できる書類(卒業証書の原本など)
  • 実務経験を確認できる書類(事業者証明書)

を添付のうえ、受験を希望する安全衛生技術センターへ送付します。近くにお住まいの方は、窓口に直接持参してもよいでしょう。添付書類の作り方も協会のホームページに記載してありますので、よく読んでから作成しましょう。受験料は6,800円です。電子申請は行っていませんので注意してください。

3-4.勉強方法のコツ

衛生管理者の資格試験は、第一種が49%前後、第二種が65%前後の合格率です。国家試験の合格率の中ではかなり高いほうですが、1年に何度も試験を受けることができれば、合格率は自然と上がります。決して易しい試験ではありません。衛生管理者の試験を受ける方のほとんどが、仕事をしながら試験勉強をすると思います。独学でも勉強は可能ですが、SATの教材を利用すれば、効率よく短期間で合格に必要な知識を身につけることができるでしょう。SATの教材はテキストだけでなく、専門の講師による講義を収録したDVDやeラーニングがついてきます。特に、eラーニングはスマートフォンやタブレットでも視聴可能なので、どこでも予備校に通っているような感覚で勉強することができるでしょう。

4.衛生管理者や転職に関するよくある質問

Q.第二種衛生管理者の資格だけでは、やはり転職に不利ですか?
A.不利というわけではありませんが、資格を活用して働ける職場は限られています。ぜひ、第一種取得を目指しましょう。

Q.衛生管理者の資格は、男性が取得しても活用できますか?
A.もちろんです。男性が多い職場では男性、女性が多い職場では女性の衛生管理者がより求められるでしょう。

Q.安全管理者と衛生管理者を兼任することは可能ですか?
A.可能ですが職務の量がかなり多くなりますので、推奨はできません。

Q.派遣社員として衛生管理者の資格を活用して働きたい場合は、どのような職場がありますか?
A.第二種衛生管理者が衛生管理を行うことができる職場です。第一種の資格を持っていても、危険な業務が伴う職場の衛生管理は行えません。

Q.衛生管理者としての実務経験がなくても転職は可能ですか?
A.衛生管理者としての実務経験がなくても、衛生管理の実務経験はあるでしょう。また、衛生管理者の仕事も職場によって異なるため、未経験が確実に不利になることはありません。ただし、衛生コンサルタントなど別の資格も取得しておいたほうがより有利です。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は衛生管理者の資格や資格を活用した転職について解説しました。衛生管理者は資格取得の難易度の割に、活用しやすい資格です。受験資格がある人や、もうじき得ることができそうな人は、ぜひ資格を取得しておきましょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?