衛生管理者試験に合格するのに必要な勉強時間はどのくらい? 独学でも可能?

衛生管理者とは、労働者が衛生的かつ健康に働けるように職場環境を整える職務を担うための国家資格です。職種を問わず50名以上の従業員が所属している事業所には選任義務が生じるので、事業拡大によって従業員が増えて選任義務が生じ、資格を取得するようにすすめられる人もいるでしょう。また、衛生管理の仕事をしている人の中には、資格を取得してキャリアアップに役立てたいという人もいると思います。
そこで、今回は衛生管理者の資格取得方法や、勉強時間の目安を解説しましょう。

  1. 衛生管理者とはどのような資格?
  2. 衛生管理者の資格取得方法
  3. 試験に合格するための勉強時間について
  4. 衛生管理者の勉強時間に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法なども分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者とはどのような資格?

前述のとおり、衛生管理者は労働者が衛生的かつ健康的に働けるように、職場環境を整える職務を担う国家資格です。かつて、職場の衛生管理は産業医の仕事でした。しかし、産業医が職場に常駐できる事業所は限られているため、1966年に衛生工学衛生管理者の資格が制定されます。その後、1972年に労働安全衛生法および規則の制定により、衛生管理者の資格が誕生しました。現在は、職種にかかわらず50名以上の従業員が所属している事業所には、衛生管理者の選任義務があります。1988年には、衛生管理者の資格が第一種と第二種に分けられました。第一種と第二種の違いは次の項で詳しく解説しましょう。
現在、衛生管理者の職務とされるのは、以下のようなものです。

  • 週に1度以上の職場巡視
  • 健康診断の計画と実施
  • 健康診断の結果管理
  • ストレスチェックを実施する際の補佐業務
  • 衛生委員会(安全衛生委員会)の設置と運営
  • 衛生教育

また、衛生管理者の権限は衛生管理に関しては強く、職場の衛生環境が不十分だと判断すれば、経営者に改善要求を行うことができます。経営者は、衛生管理者の要求があればすぐに職場環境の改善を検討しなければなりません。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?