労働衛生の実務とはどのようなもの? 無資格でも労働衛生業務は可能?

労働衛生とは、労働者が健康を損なうことなく衛生的に仕事を行うことができるように、職場環境や労働条件を整えることです。従業員が50名以上所属している事業所では、労働衛生の職務を行う衛生管理者の選任が義務づけられています。衛生管理者の資格を取得するには、一定期間、労働衛生の実務経験が必要です。では、どのような職務が労働衛生の実務に該当するのでしょうか?
そこで、今回は労働衛生の実務とはどのようなものかを解説します。

  1. 労働衛生の基礎知識
  2. 労働衛生の実務とは何か?
  3. 衛生管理者の資格を取得する方法
  4. 労働衛生の実務に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得を目指す場合、どのような職務を行えばよいのかも分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.労働衛生の基礎知識

はじめに、労働衛生の定義や重要性、労働衛生に関する法律などについて解説します。なぜ、労働衛生は必要なのでしょうか?

1-1.労働衛生の定義

前述の通り、労働衛生とは労働者が健康かつ衛生的に仕事が行えるよう、職場環境や労働条件等を整えることです。厚生労働省では、労働衛生の職務を以下の3つのカテゴリーに分け、労働衛生の三管理と称しています。

  • 作業環境管理
  • 作業管理
  • 健康管理

また、労働衛生を的確に行い、従業員の労働環境や健康を守れるように労働安全衛生法という法律が定義されているので、社会人は一度目を通しておくとよいでしょう。

1-2.労働衛生の重要性

労働衛生が守られなければ、労働者の健康や衛生状態はどうしてもおろそかになります。近年問題になっている、過重労働やパワハラ・セクハラも労働衛生をないがしろにした結果、といえるでしょう。技術の進歩により、労働中に命を落とすようなケガや事故が発生する危険性は低くなりました。しかし、その一方で過重労働やパワハラ・セクハラが原因の労働災害や離職は増えています。労働者が安心して働き続けるためにも、労働衛生は重要です。

1-3.労働衛生の職務を行える人とは?

労働衛生全般を行えるのは、国家資格である衛生管理者の資格を有している人です。前述の通り、従業員が50名以上所属している職場では、衛生管理者を選任する義務があります。従業員が50名未満の場合は、選任義務はありません。その代り、労働衛生の実務管理の経験者を「安全衛生推進者」として選任し、労働衛生の職務を行います。
また、

  • 看護師や准看護師の業務
  • 建築物環境衛生管理技術者の業務
  • 各種作業主任者の業務

も労働衛生実務の一環です。そのため、看護師・准看護師・建築物環境衛生管理技術者・各種作業主任者の資格を活用して仕事をしている人は、労働衛生の実務を行っていることになります。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?