作業主任者に関する資格の種類が知りたい! 取得のメリットや勉強法など

作業主任者は、労働安全衛生法と関連法令によって定められた、労働災害防止のための資格です。事業場や工事現場で起こり得る労働災害を予測し、防止するために必要な管理を行います。作業者が安心して仕事を行うためには、必要不可欠な存在です。作業主任者にはさまざまな資格種類があり、それぞれ特徴や仕事内容が異なるので把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、作業主任者の基礎知識や選任・メリット・種類について説明します。

  1. 作業主任者の基礎知識
  2. 作業主任者の選任について
  3. 作業主任者のメリット
  4. 作業主任者の種類
  5. 作業主任者に関してよくある質

この記事を読むことで、作業主任者の種類について分かり、資格試験に向けて準備を整えることができます。受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.作業主任者の基礎知識

作業主任者の種類や資格試験について知る前に、まずは、基礎知識を身につけていきましょう。ここでは、定義や準拠する法律・主な職務・必要性について説明します。

1-1.定義

作業主任者は、労働安全衛生法第14条により、労働災害を防止するための管理を必要とする一定の作業について、その作業の区分に応じて選任が義務づけられているものです。私たちが行う仕事の中には、危険を伴う作業があります。危険がひそんでいる場所では、労働災害が発生する可能性が高いため、専門知識を持つ人=作業主任者の存在が必要です。労働災害防止のための仕事を担当する、大切な役割といえるでしょう。

1-2.準拠する法律

作業主任者の選任義務など定められているのは、労働安全衛生法です。労働安全衛生法は、労働者の安全と衛生についての基準を定めた法律で、労働基準法と互いに作用し合っています。労働災害の防止のための危害防止基準の確立や統合的計画的な対策の推進、職場における労働者の安全と健康の確保、快適な職場環境の形成と促進が目的です。

1-3.主な職務

作業主任者の主な職務は、作業の指揮や仕事に使う道具・機械の点検、安全装置の点検、異常が起きた際の処置などです。安全・安心な職場環境をつくるための仕事を全般的に担当し、安全管理者と協力しながら、作業員に対して安全教育を行うこともあります。厚生労働省のホームページでは、職務に関して以下の項目が記載されているのです。

  • 作業の直接指揮
  • 使用する機械などの点検
  • 機械などに異常を認めたときの必要な措置
  • 安全装置などの使用状況の監視など

労働者が危険な行動をしている場合は、注意をして、正しい行動をするための指導を行うこともあります。それだけの権限を、作業主任者は持つことになるのです。

1-4.必要性

職場の安全・安心が確保できているのは、作業主任者のおかげともいえるでしょう。快適かつ安全な職場を維持し続けるためには、作業主任者が必要不可欠です。特に、高圧室内作業やボイラー取り扱いの作業・危険物などにかかわる施設など、特定の施設には、必ず作業主任者を選任し設置しなければなりません。選任しなければ、法律違反とみなされます。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?