金属熱って何!? 危険な症状を予防するために必要なことを知る!

「金属熱」と呼ばれる症状があることをご存じですか? 亜鉛や銅などの粉塵(ふんじん)を吸い込むと生じる症状のことで、職業性疾病に分類されます。後遺症の報告もなく比較的早い回復が見込めますが、現場の環境が改善されない限り繰り返し発症する恐れがあるでしょう。金属熱が発生しやすい現場の衛生管理者は、どのように管理するべきかしっかりと学んでおく必要があります。この記事では、金属熱の症状や原因、予防法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 金属熱とは?
  2. 金属熱の原因と症状について
  3. 金属熱を予防するには?
  4. 金属熱と衛生管理者について
  5. 金属熱に関するよくある質問

この記事を読むことで、金属熱について知ることができます。衛生管理者の資格取得を目指している人も、ぜひ参考にしてください。

1.金属熱とは?

まずは、金属熱について解説します。

1-1.どんなものか?

金属熱とは「金属ヒューム熱」とも呼ばれる急性の中毒症状です。金属ヒュームとは金属蒸気の凝集物のことで、恒常的に吸い込み続けるとさまざまな体調不良が現れます。

1-2.起こりやすい現場とは?

金属熱が発生しやすいのは、主に溶接作業や合金製造を行う現場です。具体的には、蓄電池の製造および解体・ハンダつけ・溶接・塗装などの作業を行う職業の人に起こりやすい症状といわれています。

1-3.金属中毒との関連について

金属熱は、金属中毒の一種です。金属中毒とは、金属が体内に取り込まれることによって起こる中毒症のことで、肝臓や腎臓・神経・呼吸器・消化器・骨・皮膚などに障害を引き起こします。吸い込んだ金属の量が多かった場合はショック状態に陥ることもあり、大変危険です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?