衛生管理者の就職状況どうなっている? 求人が多い業界はどこ?

すべての労働者は、健康かつ衛生的に仕事を行う権利があります。そのために職場環境を整える職務を担える資格が、衛生管理者です。業種に関係なく、50名以上の従業員が所属している事業所では選任が義務づけられているため、大企業ほど高い需要があります。資格取得を目指し、勉強に励んでいる方もいることでしょう。

今回は、衛生管理者の求人や就職状況などについて解説します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の求人などについて
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者の求人・就職に対するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格を活用して働く方法がバッチリ理解できるでしょう。資格取得を目指して勉強に励んでいる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者の基礎知識

はじめに、衛生管理者の職務や種類について解説します。どのような仕事を行うことができる資格なのでしょうか?

1-1.衛生管理者の定義

前述のとおり、衛生管理者は従業員が健康かつ衛生的に仕事ができるよう、職場環境を整える職務を担うことのできる国家資格です。仕事の中には、行っているうちに健康を損なう危険性があるものがあります。でも、適切な予防を行っていれば、仕事が原因で健康を損ねる危険性はより低くなるでしょう。1960年代まで、従業員の健康を守り職場環境の改善を行うのは、主に医師の役目でした。しかし、それでは不十分という声が大きくなり、制定されたのが衛生管理者です。衛生管理者は、労働安全衛生法に沿って、以下のような職務を主に行います。

  • 健康診断の計画を立て、実施する
  • 健康診断の結果を管理し、必要とあれば職場環境の改善を求める
  • 最低でも週に1度の職場巡視を行い、職場の環境をチェックする
  • 衛生委員会(安全衛生委員会)の設置し、従業員の訴えを聞く
  • ストレスチェックの実施補助などを行う
  • 産業医と従業員との面談を設定する
  • 各種衛生教育

1-2.衛生管理者の種類

衛生管理者には、第一種と第二種があります。第一種はすべての職場で衛生管理を行うことが可能です。第二種は、小売業やオフィスでの事務仕事など、危険を伴う仕事が少ない職場で衛生管理の仕事を行うことができます。
第一種を取得している方が資格を活用して働ける職場が多いので、第二種を取得した人は、ぜひ第一種取得を目指しましょう。

1-3.衛生管理者の選任義務

前述のとおり、衛生管理者は職種にかかわらず、50名以上が所属している職場では選任が必要です。従業員の雇用形態は問いません。正社員が1人もいない職場でも、選任が必要です。また、従業員のほとんどが外部に派遣されており、事業所には常時1,2人しかいないという職場でも、書類上は50名以上の従業員が所属している場合は選任が必要になります。
なお、200~500人未満の事業所は2人以上、500~1,000人未満の事業所は3人以上と従業員が増えるにしたがって、衛生管理者の人数も増えていくので覚えておきましょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?