ヒューマンエラーの分類について知りたい! 対策法との関係はあるの?

ヒューマンエラーとは、人為的ミスのことです。人間が作業を行う以上、完全に防ぐことはできません。しかし、よりエラーが少なくなるよう対策を立てることは可能です。また、ヒューマンエラーの危険性を従業員に教育することも、発生防止に役立つことでしょう。

今回は、ヒューマンエラーの分類と対策について解説します。

  1. ヒューマンエラーの基礎知識
  2. ヒューマンエラーの対策について
  3. ヒューマンエラーが発生した場合の対処方法
  4. ヒューマンエラーに対するよくある質問

この記事を読めば、ヒューマンエラー対策はバッチリですよ。安全管理者や衛生管理者の方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ヒューマンエラーの基礎知識

はじめに、ヒューマンエラーが起こる原因やそれに基づく分類などについて解説します。なぜ、ヒューマンエラーは起こるのでしょうか?

1-1.ヒューマンエラーの定義

ヒューマンエラーとは、「意図しない結果を生じる人間の行為」と定義されています。うっかりミスで機械の操作を間違えたり、交通事故を起こしたりすることも、ヒューマンエラーの一種です。うっかりミスと言うと軽く感じられますが、2005年に福知山線で発生した列車の脱線事故も、ヒューマンエラーが原因で発生しました。
ですから、ヒューマンエラーが起こった場所やミスの内容によっては、大きな被害が出ることも珍しくありません。

1-2.ヒューマンエラーはなぜ起こる?

ヒューマンエラーの原因は過失と故意があります。過失は、単純な操作ミスから過労による判断不足までいろいろなことが原因となっているのです。
一方故意の方は、危険であることを半ば分かっていながら、行為を行ったことが原因で発生します。一例をあげてみましょう。
今は多くの職場で作業工程のマニュアルが作られており、それに沿って作業が行われています。しかし、時間の短縮などを理由に、あえてマニュアルどおりに仕事をせずに事故が起こった場合は、故意のヒューマンエラーです。1999年に茨城県東海村で発生した臨界事故は、このようなマニュアルを無視した作業を行ったことによって発生しました。また、交通違反や個人情報の流出も、故意のヒューマンエラーが原因で起こりやすいでしょう。

1-3.ヒューマンエラーの分類

ヒューマンエラーの原因をさらに細かく分類していくと、以下のようになります。

  • 無知や未経験
  • 危険軽視・仕事の慣れ
  • 不注意
  • 連絡不足
  • 集団欠陥(赤信号を集団で渡るというような、集団心理が働いた結果の悪習慣)
  • 省略行動(マニュアルを無視して作業を単純化するなど)
  • 場面行動本能(不慣れな事態に直面し、理性より本能に従って行動した。例:食用油が発火し、水をかける)
  • パニック(交通事故を起こしそうになり、アクセルとブレーキを踏み間違えるなど)
  • 錯覚(思い違い・聞き違い)
  • 年齢による機能低下(40歳以上に多い)
  • 疲労
  • 単純作業による意識低下

1-4.ヒューマンエラーの怖さ

ヒューマンエラーは、しばしば罰則の対象になります。しかし、いくら罰則を厳しくしてもヒューマンエラーがなくなることはありません。それどころか、罰則への恐怖がヒューマンエラーを引き起こす原因にもなります。実際、前述した福知山線の脱線事故は、運転士の罰則への過度な恐れが発生原因の一つとされました。
つまり、ヒューマンエラーは予防対策を間違えると、かえって事態が悪化することもありえるのです。では、ヒューマンエラーを防止するには、どうすればよいのでしょうか? それは、次の項で解説します。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?