コントロールバンディングって何? やり方や使い道を解説します。

コントロールバンディングとは、厚生労働省から提供されているリスクアセスメント支援ツールの一種です。これを使用すれば、作業環境測定を行わなくても、作業のリスクアセスメントをある程度行うことができます。

今回は、コントロールバンディングのメリットとデメリットや、やり方を解説しましょう。

  1. コントロールバンディングの基礎知識
  2. コントロールバンディングのメリット・デメリット
  3. コントロールバンディングのやり方など
  4. コントロールバンディングに対するよくある質問

化学物質をはじめとする人体に有害な物質を取り扱っている職場では、コントロールバンディングを実施することで、より安全に仕事ができることでしょう。職場の安全管理を行っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.コントロールバンディングの基礎知識

はじめに、コントロールバンディングとはどのようなものか、ということを解説します。職場のリスクアセスメントにどのように役立つのでしょうか?

1-1.コントロールバンディングとは何か?

コントロールバンディングとは、前述のとおり、厚生労働省から提供されているリスクアセスメント支援ツールです。もともとは、ILO(国際労働機関)が、開発途上国の中小企業を対象として開発したリスクアセスメントの手段でした。

化学物質をはじめとする体に有害な物質から労働者を守る安全管理としては、作業環境測定があります。しかし、測定には時間と費用がかかるため、こまめに行うことができない企業も多いことでしょう。

コントロールバンディングは有害物質を保管してある容器のラベルや安全データシート(SDS)を基に、必要な情報を記入するだけで、リスクレベルが表示され、対応策などを記した管理対策シートが出力されます。安全データシートにも、物質の有毒性や取り扱い方や管理方法が記載されていますが、化学の知識がない方には分かりにくいケースもあるでしょう。管理対策シートは、より分かりやすい言葉や方法で管理方法を記していますので、化学的な知識がない方も扱いやすくなっています。

1-2.リスクアセスメントとは何か?

リスクアセスメントとは、リスク(危険性)とアセスメント(見積もり)を組み合わせた造語で、職場で行う仕事の危険性や有害性を把握し、対策を立てるまでの作業を指します。リスクアセスメントがうまく行えれば、労働災害の発生を予防することができるでしょう。有害物質を扱っている職場の場合は、安全衛生教育・作業環境測定などが該当します。コントロールバンディングは作業環境測定の補助や、安全衛生教育の資料としても使うことが可能です。

1-3.実施が必要とされる事業所

コントロールバンディングは、体に有害な液体または粉体を使う作業を行う事業所で実施すると、リスクアセスメントに有効です。ただし、粉じんを生ずる作業と化学物質を使う作業ではコントロールバンディングを行う場所が異なるので、注意してください。また、有害物質に関する専門的な知識を持っている従業員が少ない事業所でも、必要です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?