衛生委員会の議題が決められない! 会議の進め方や設置方法について

労働者にとって、安全・安心な職場を整えることはとても大切なことです。安全・安心な労働環境を整えるために、大きな役割を担っているのが「衛生委員会」と言われています。衛生委員会は、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置しなければなりません。衛生委員会の定義や目的などの知識を把握することで、快適かつ安全な労働環境を整えることができるでしょう。本記事では、衛生委員会の基礎知識や設置方法・議題・関連する資格などについて説明します。

  1. 衛生委員会の基礎知識
  2. 衛生委員会の設置について
  3. 衛生委員会の議題について
  4. 衛生委員会に関連する資格とは?
  5. 衛生委員会に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛生委員会の役割を果たすために必要な知識を身につけることができます。安全衛生委員会の議題について知りたい方や資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.衛生委員会の基礎知識

労働者に安心・安全な職場環境を提供できるかどうかは、衛生委員会の役割が大きく関係しています。まずは、安全衛生の定義や衛生委員会の内容・必要な職場・主な目的・実施者・安全委員会との違いについてチェックしていきましょう。

1-1.安全衛生について

安全衛生は、「健康に、かつ安全に」働くためのさまざまな決まりを示しています。労働安全衛生法に基づいた決まりであり、安全衛生のポイントは2つです。1つ目は、労働者が健康に危険なく、安心して働くことができる環境づくりとなります。そして、2つ目は、安全衛生に対する取り組みを日々実践することで、安全衛生水準を高めることです。そもそも、安全は危害または損傷・損害を受けるおそれのないこと、衛生は身のまわりを清潔にして健康を保ち、病気にかからないことを意味しています。これら2つを組み合わせて行う環境づくりが、安全衛生なのです。

1-2.衛生委員会とは?

労働安全衛生法に基づき、一定の基準に該当する事業場では安全委員会・衛生委員会を設置しなければならないこととなっています。衛生委員会の場合、一定の基準とは、「常時使用する労働者が50人以上の事業場」です。衛生委員会が、職場における安全衛生を維持し続けるポイントとなります。

1-3.どんな職場に必要か?

衛生委員会は、どのような職場においても、常時50人以上の従業員が所属している職場に設置しなければなりません。職場ごとに決まっているのではなく、そこで働いている人数が関係しています。工場や工事現場・一般企業など、50人以上の従業員がいる職場が対象です。

1-4.主な目的

衛生委員会設置の目的は、労働災害防止です。たとえ、環境が整っている現場だとしても、人為的ミスによって労働災害が起きる可能性はあります。できるだけ、労働災害を起こさないためには、衛生委員会において基本となるべき対策を定めておかなければなりません。労働者の健康障害防止・健康促進のための対策など、快適かつ安全な環境づくりを行います。労働者からの意見を取りまとめつつも、労使が一体となることが大切です。

1-5.実施者について

衛生委員会の実施者は、事業者となります。常時50人以上の従業員を抱えている事業者は、衛生委員会のメンバーを指名しなければなりません。事業場の衛生委員会設置のほか、実施体制や社内規定などを労働者に知らせることが義務づけられています。

1-6.安全委員会との違い

衛生委員会と同じく、安全委員会も労働者の環境づくりに大切なものです。安全委員会の場合は、常時使用する労働者が50人以上の事業場で、林業・鉱業・建設業・清掃業など該当する業種が決まっています。また、常時使用する労働者が100人以上の場合も、設置しなければならない業種が決まっているのです。基本的に、安全委員会では、労働者の危険防止対策と労働災害の原因および再発防止対策などを検討します。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?