【注目】照度基準について知りたい人へ!JISの照度基準を詳しく解説!

私たちの暮らしは、あらゆる場面で明かりに照らされているものです。明かりがあることで文字・形・色など、さまざまな情報を得ています。しかし、どこまで明るくすれば適切であるのかは、場所やシチュエーションによって大きく異なるものです。そこで、今回は、照度基準について詳しく解説します。基本のJIS照度基準や新しい基準の目的や理由などについて、理解しましょう。

  1. 照度基準の基礎知識
  2. 照度基準の詳細について
  3. 照度基準の新しい基準について
  4. 照度基準に関するよくある質問

この記事を読むことで、照度基準に関する正しい知識が身に付き、適切に活用できるようになります。場所やシチュエーションごとに適切な照度を設定できるので、日常生活や仕事が快適になるでしょう。とても役に立つ内容なので読んでみてください。

1.照度基準の基礎知識

最初に、照度基準の基礎を身に付けましょう。目的・重要性・関連法規などを解説します。

1-1.照度とは

照度とは、物体の表面と照らすときの明るさを表したものです。照度が高いときは明るく、低いときは暗くなります。照度は、照明器具に近い方が高く遠い方が低くなるため、一定の照度を求めるときは、照明器具の種類・明るさ・距離を考えて配置する必要があるのです。

1-2.照度基準とは

照度基準とは、特定の場所・作業内容において適切な照度を定めたものです。照度規準を満たすことで、作業効率をよくし、人へのストレスが少ない環境を満たすことができます。なお、照度基準を正しく理解することは、労働者の安全衛生を確保するためにも重要なことです。

1-3.照度に関する法規について

照度に関連する法規には、「労働安全衛生規則」があります。労働安全衛生規則とは、労働者が職場において安全と衛生を確保するためのものです。具体的には、以下の基準を満たすように勧告しています。ただし、規定の数値は最低限度のものであるため、基準に合わせると実際にはそぐわない例もあるでしょう。

  • 精密作業をする場合:300ルクス以上
  • 通常作業をする場合:150ルクス以上
  • 雑用をする場合:70ルクス以上

衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?