有害化学物質とはどのようなもの? 対策方法や衛生管理者の役割は?

有害化学物質とは、人体や環境に悪影響を与える化学物質の総称です。現在、築地市場の移転先である豊洲で問題になっているのも、有害化学物質の一種になります。また、公害病の原因も有害化学物質であり、現在は環境省が中心となって対策が取られているのです。職場で有害化学物質を取り扱う場合は、労働安全衛生法に基づいて対策が行われます。

そこで、今回は有害化学物質の対策について解説しましょう。

  1. 有害化学物質の基礎知識
  2. 有害化学物質の管理について
  3. 衛生管理者とはどのような資格?
  4. 有害化学物質対策に関するよくある質問

この記事を読めば、対策方法の具体例なども分かります。衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.有害化学物質の基礎知識

はじめに、有害化学物質の種類や問題点、使用している職場などを紹介します。どのような物質なのでしょうか?

1-1.有害化学物質って何?

有害化学物質とは、前述したように人や環境に悪影響を与える物質の総称です。「化学」と名がついていますが、環境ホルモンや重金属も有害化学物質に含まれます。有害化学物質は公害の原因になるほか、土壌や河川を汚染すると長年にわたってそこに住む人や動植物に悪影響を与えるのです。

1-2.有害化学物質の種類

有害化学物質は、重金属・残留性有機汚染物質・環境ホルモンの3種類に分類されます。重金属は、有機水銀やカドミウム・銅・プルトニウムなどが代表的なものです。水俣病・イタイイタイ病などの公害病は、重金属が原因となって発生します。また、日本最初の公害として有名な足尾鉱毒事件も、鉛や銅イオンなどの重金属が原因です。

残留性有機汚染物質とは、長い間分解しない物質や生物の体や土壌に蓄積する物質が分類されています。PCB(ポリ塩化ビフェニル化合物)やダイオキシン・塩素系農薬が代表的な物質です。

環境ホルモンとは、正式名称を内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ)と言い、生体にホルモン作用を起こしたり、逆にホルモン作用を阻害したりする物質を指します。主に内分泌系に影響をおよぼし、アレルギーや子宮内膜症・不妊などを引き起こし、問題となっているのです。

1-3.有害化学物質を使用する業種について

有害化学物質は、化学工場・鉱山だけでなく農業や医薬品メーカーなどでも使われています。また、ダイオキシン類はプラスチックに代表される石油製品を燃焼させても発生するため、ごみ処理工場などでも発生の危険性があるのです。さらに、工業製品を廃棄する場合も、有害化学物質が流出する恐れがあるでしょう。

1-4.有害化学物質の問題点

有害化学物質は、長い間土壌や水中に留まり、周囲を汚染し続けます。たとえば、足尾鉱毒事件は明治時代に発生しましたが、2011年に東日本大震災が発生した時、事件が発生した渡良瀬川(わたらせがわ)下流の流域から基準を超える鉛が検出されて問題になりました。

また、有害化学物質の中には生物の体に蓄積されるものもあり、食物連鎖による生物濃縮も大変な問題です。生物濃縮とは食物連鎖を経るうちに有害物質が濃縮していくことで、上位捕食者ほど化学物質濃度が上昇します。つまり、有害化学物質に汚染された土や水のある場所で生きている生物(植物)を人が食べると、より高濃度の化学物質を体内に取り入れてしまうのです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?