衛生管理者試験に独学で合格するために知っておくべきコツとポイント

衛生管理者は国家資格の一つで、50人以上が勤める企業であれば必ず選任する必要があります。そのため、現在勤めている会社から資格を取得するように勧められる人も多いのではないでしょうか。資格手当が支給される会社も多いため、ぜひ取得を検討してみてください。資格試験の難易度は決して高くないため、「独学で合格したい」という人も少なくないでしょう。しかし、仕事を続けながら資格試験の勉強をするのは大変なことです。効率良く進められる学習方法を知り、できれば一発合格を目指したいところだと思います。

この記事では、衛生管理者の資格試験に独学で合格するためのコツをご紹介しましょう。

  1. 衛生管理者資格は独学で取得できるのか?
  2. 衛生管理者資格に独学合格するコツ
  3. 衛生管理者資格の独学合格に関するよくある質問

この記事を読むことで、衛生管理者の資格試験についてすべてわかります。独学合格を目指すために、ぜひ参考にしてみてください。

1.衛生管理者は独学で取得できるのか?

衛生管理者資格を独学で取得したい人のために、試験内容や合格率などをまとめてみました。

1-1.試験内容

第1種衛生管理者、第2種衛生管理者ともに、試験内容は「関係法令」「労働衛生」「労働生理」の3科目が出題されます。試験問題は全部で44問あり、第1種衛生管理者はすべての問題を、第2種衛生管理者は44問中30問を受験することになるのです。3時間の試験時間で科目による時間区分はないため、どの科目にどのくらい時間をかけるかは自由ということになります。

1-2.合格率と合格基準

第1種、第2種とも合格率は50%を上回ります。第2種は60%以上ということからも、比較的取得しやすい資格であることがおわかりいただけるでしょう。国家資格試験の中でも合格率が高い方です。合格基準は各科目で40%以上かつ、3科目の合計が60%以上となっており、合格点をクリアできた人はすべて資格取得となります。

1-3.難易度はどのくらい?

合格率が高いからと言って試験の難易度が低いわけではありません。実は、衛生管理者の試験には受験資格があるのです。

  • 大学または高等専門学校を卒業しており、1年以上の実務経験がある
  • 高等学校を卒業しており、3年以上の実務経験がある
  • 中学を卒業しており、10年以上の実務経験がある

以上に当てはまる人しか試験を受けることはできません。実務経験を経てある程度の知識を持っている人だけが受験するため、合格率が高いというわけです。決して「勉強しなくても一発合格できる資格」ではないということを覚えておきましょう。

1-4.独学で取得する人が多い理由

衛生管理者の資格試験は、独学で取得する人が多いと言われています。その理由は何でしょうか。前述したとおり、就職や転職のために衛生管理者の資格を取得しようとする人はほとんどいません。現在の職場で衛生管理者の選任が必要になり、取得を検討する人が多いのです。そのため、試験を受ける人は仕事をしながら勉強をしています。スクールなどに通う時間を確保するのは大変難しく、独学で勉強するしかないのです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?