保健師免許を取得すれば衛生管理者資格も取得可能! そのメリットは?

衛生管理者とは、労働者が安全で衛生的に働けるように職場環境を整える役割を担う仕事です。誰でもなれるわけではなく、衛生管理者という資格取得が必要になります。衛生管理者は、所属している従業員が50人を超える事業所では必ず選任しなければなりません。そのため、需要がとても高い資格です。

衛生管理者の資格を取得するには一定の実務経験が必要ですが、特定の資格を取得すれば手続きだけで取得できます。
保健師もその一つです。そこで、今回は保健師が衛生管理者の資格を取得するメリットとその方法をご紹介しましょう。

  1. 衛生管理者とはどんな資格?
  2. 保健師とはどんな資格?
  3. 保健師が衛生管理者の資格を取得する方法
  4. よくある質問

資格を取得しておけばいろいろと就職面で有利です。保健師の資格取得を目指している方や、保健師の方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.衛生管理者とはどんな資格?

はじめに、衛生管理者の資格とはどのようなものかということをご紹介します。一体どのような仕事を担うのでしょうか?

1-1.衛生管理者の役割とは?

衛生管理者には第一種と第二種があり、第一種はあらゆる職場の衛生管理を行うことができます。第二種衛生管理者は、比較的業務に危険が少ない通信・金融・小売りなどを行う職場の衛生管理が可能です。衛生管理者とは、前述したように従業員が安全かつ衛生的に働けるように職場の環境を整える仕事ができます。

具体的な仕事例としては、週一回の職場巡視と健康診断の実施・結果の管理などです。また、巡視の結果職場の環境が従業員の健康を損ねると判断した場合、直ちに改善したり改善するよう経営者とかけあったりします。この他、安全に衛生的に仕事ができるように衛生管理者が従業員への教育を行っている職場もあるのです。

1-2.衛生管理者の選任義務とは?

衛生管理者は、従業員が50人以上所属している事業所には必ず選任しなくてはなりません。正社員だけでなく、パートやアルバイトも従業員の中には含まれます。また、事業所に常時出勤していなくても書類上50人以上が所属していることになっている事務所では、選任が必要です。例えば従業員のほとんどが別の場所に派遣されており、事務所には責任者がいるだけの事業所であっても50人以上の従業員が所属していれば、選任が必要になります。

1-3.衛生管理者の重要性とは?

衛生管理者の資格が正式に認定されたのは1989年のことです。それまでは、医師や衛生工学衛生管理者が職場の衛生管理を行っていました。しかし、労働安全や労働衛生に対する意識が高まってくるにつれて従来の資格だけでは職場の衛生管理を十分に行えなくなり、衛生管理者が誕生したのです。

職場の衛生管理がおろそかだと、伝染病がまん延したり労働者が多数職業病になる恐れがあります。また、公害病が発生する危険もあるでしょう。人材が病気やけがで失われれば、職場の存続も危ぶまれます。そのため、衛生管理者の責任は重大です。

1-4.衛生管理者の資格を取得するには?

衛生管理者の資格を取得するには、国が実施する試験を受けて合格する必要があります。しかし、試験は誰でも受けられるものではありません。一定の実務経験が必要です。また、大学や専門学校で国が定めた理学に関する単位を取得していると、学校卒業後に講習を受けて修了試験に合格すると資格を取得できます。この他、医師や保健師などの資格を取得していれば実務経験がなくても届け出だけで資格が取得可能です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?