【必読!】看護師が衛生管理者資格を取得するメリットは?

衛生管理者の資格取得を検討する看護師は多いと思います。国家試験を受けて取得する資格である衛生管理者を持っていると看護師として転職する際に大変有利です。看護師の職に就きながら衛生管理者の仕事もするということは、病院からも大変有用な人材として認められます。また、看護師としての実務経験があれば、この資格を取る際、非常に有利であるということをご存じでしたでしょうか?  さらに、保健師や薬剤師などの資格を有している場合は、試験が免除されます。少しでもよい条件で働きたいと考えている看護師の方は、ぜひ資格取得を目指してみてください。

この記事では、衛生管理者の職務や目的に加え、看護師がこの資格を取ることのメリットなどをまとめて解説します。

  1. 衛生管理者とは?
  2. 衛生管理者の免許・資格について
  3. 衛生管理者資格と看護師の関連
  4. 実務経験を証明するには?
  5. 看護師が衛生管理者資格を取るメリットは?
  6. 衛生管理者と看護師資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、衛生管理者と看護師の関連が分かります。資格取得のメリットを知り、将来のことを考えた働き方をしましょう。

1.衛生管理者とは?

まずは、衛生管理者という資格について解説します。その歴史や具体的な職務・目的にはどのようなものがあるのでしょうか?

1-1.衛生管理者の歴史を知る

もともとは医師が行う衛生管理業務の指導員として必要と考えられたものです。1947年制定の労働基準法に規定され、日本独自の制度として発足しました。1966年には事業場ごとに1人以上の衛生管理者を選任すべきとされ、1972年には法的な位置づけが明確になったのです。そして、免許試験制度が始まりました。1989年には「第一種」と「第二種」に分かれ、それぞれの職務や責任・待遇などの違いが生まれたのです。

1-2.定義と職務

衛生管理者とは、労働条件や労働環境の衛生的な改善を図るとともに、疾病の予防をし、事業場の衛生全般を管理する者のことを言います。業務の範囲によって「衛生工学衛生管理者」「第一種衛生管理者」「第二種衛生管理者」の3種類があり、その職務は以下のとおりです。

  • 労働災害の防止と危害防止基準の確立
  • 責任体制の明確化
  • 自主的活動の促進
  • 労働者の安全と健康の確保
  • 快適な職場環境の形成

1-3.目的と必要性について

なぜ職場に衛生管理者が必要なのかご存じでしょうか。かつて、労働者の安全や健康よりも会社の利益を優先する時代だったころ、わが国では労働災害や過労死が頻発しました。

そこで、職場環境の改善に対する意識が高まったのです。労働者が安全で健康に働くことができる職場に整えるために、衛生管理者を選任することになりました。

1-4.選任義務について

業種を問わず、各事業場の事業主は衛生管理者を選任する義務があるのです。選任する衛生管理者の人数は、事業場の規模によって異なります。従業人数が50人以上200人までなら1名以上、201人以上500人までなら2名以上、ということです。つまり、各事業場にはこの資格を所有する従業員がいなければならず、選任違反があった場合は50万円以下の罰金を支払うことになります。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?