労働環境の改善に必要な知識を身につけよう!衛生管理者の試験とは?

労働環境は事業所・企業の運営や労働者の健康に大きく影響する大切なものです。労働環境が悪くなれば、労働者の健康状態が悪くなり、会社・事業所の運営も悪化します。そのため、労働環境・職場の改善策を立てられる人が必要です。そこで、労働環境とは何なのか、労働環境の改善や労働衛生・関連する資格など詳しく説明します。

  1. 労働環境とは
  2. 労働環境の改善とは
  3. 労働衛生とは
  4. 労働衛生に関連する資格について
  5. 衛生管理者の試験について
  6. 衛生管理者取得のための勉強法
  7. 労働環境に関するよくある質問

この記事を読むことで、労働環境の改善に必要な知識を身につけることができます。労働環境の改善に役立つ資格を取得したい方は、要チェックです。

1.労働環境とは

労働環境の改善に関する資格を取得するには、労働環境について知ることが大切です。資格取得のためにも、労働環境とは何なのかチェックしておきましょう。

1-1.労働環境って何?

労働環境とは、労働者が働いている職場の環境条件を指しています。環境条件には、物的環境や人間関係まで幅広いです。作業環境では、職場の温度や湿度などの作業場気候・採光や照明などの物理的環境・ガスや蒸気など化学的環境が挙げられます。

1-2.最近の傾向について

日本は外国よりも労働時間が長く、休みが少ないといわれています。実際、最近でもニュースを見ていると「過労死」や厳しい労働環境による「自殺」が多いです。「過労死」は1980年代から社会問題になっていますが、現代では、さらに深刻な問題になっています。そのため、大企業を中心に「ノー残業デー」や「労働時間の短縮」を実施して、労働環境の改善に努める企業も出てきました。

1-3.日本と海外の違い

日本と海外の労働環境を比較してみると、大きな違いがわかります。日本の1日の労働時間は平均375分ですが、イギリスやアメリカは平均240分・韓国でも平均労働時間は280分です。日本がどれだけオーバーワークなのか、わかりますね。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?