衛生管理者の巡視の目的や内容は?チェックリストの活用方法も伝授!

衛生管理者には、労働者が安心かつ健康に働くための環境を守る役割があります。定期的な巡視も、衛生管理者の職務のひとつと考えてください。今回は、衛生管理者の基礎知識とともに衛生管理者の巡視の目的や内容について詳しく解説します。

  1. 衛生管理者の基本を学ぼう
  2. 衛生管理者の職務や仕事内容を解説
  3. 衛生管理者の巡視義務を理解しよう
  4. 衛生管理者の巡視の方法を学ぼう
  5. 衛生管理者資格の取得について
  6. 衛生管理者に関するよくある質問

衛生管理者の仕事について理解を深めたい人は、ぜひ記事を読んでください。巡視の目的や内容だけでなく、資格取得のためのコツを含めた幅広い知識を得ることができますよ。

1.衛生管理者の基本を学ぼう

まずは、衛生管理者の基本を学びましょう。衛生管理者の歴史や定義についてしっかり確認してください。

1-1.衛生管理者の歴史

職場の衛生管理を行うには、医師だけでは実質不可能という考えによって衛生管理者が生まれました。1947年に制定された労働基準法に記載して以来、時代の流れにより数回の見直しがあって現在に至っています。労働環境の改善や労働者の健康管理を行って当然という考えが広まったのは、衛生管理者の活躍があってのことなのです。

1-2.衛生管理者の定義とは

衛生管理者とは、事業所において労働者の衛生管理業務を行う立場にあります。衛生管理業務とは、労働者の健康管理や労働環境の整備のことです。衛生管理者は、労働安全衛生法によって定義しています。なお、衛生管理者は国家資格のひとつであり、衛生管理業務を行うためには資格を持っていることが条件になると覚えておいてください。

1-3.衛生管理者の目的や必要性

衛生管理者の目的や必要性は、労働環境を適正に維持することで生産性を上げるだけでなく労働者が健康に働く環境を整えることにあります。企業が健全に活動して利益を上げるためには、労働環境を整備したり労働者の健康管理を行ったりすることが必要です。衛生管理者が労働環境の整備や労働者の健康管理をまとめることは、企業にとってもメリットが大きいことだと認識してください。

1-4.衛生管理者の選任義務とは

衛生管理者を選任する義務は、労働安全衛生法に規定があります。具体的には、常時50人以上の労働者がいる職場に関して選任義務を示していることを覚えておきましょう。なお、事業規模によって選任するべき人数が決まっています。

  • 50人以上200人以下の職場:1人以上
  • 201人以上500人以下の職場:2人以上
  • 501人以上1,000人以下の職場:3人以上
  • 1,001人以上2,000人以下の職場: 4人以上
  • 2,001人以上3,000人以下 の職場:5人以上
  • 3,001人以上の職場:6人以上

なお、常時1,001人以上の労働者がいる場合、衛生管理者として専任業務にあたる者を1人以上選任する必要があります。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?