衛生管理者とはどんな資格なの?衛生管理者になるための基礎知識!

衛生管理者は会社から取得の指示をされることが多い資格です。今は指示されていない方も、もしかしたらそのうち指示されるかもしれません。

しかし、衛生管理者という資格について、最初から詳しくしっている方はまれです。会社から指示はされたものの、「衛生管理者とはどんな資格なのだろうか?」と疑問に思う方がほとんどでしょう。

そこで、今回は衛生管理者にまつわる基本的な知識をご紹介します。

  1. 衛生管理者とは?
  2. 衛生管理者の種類について
  3. 衛生管理者の免許、資格について
  4. 衛生管理者の受験について
  5. 衛生工学衛生管理者について
  6. 衛生管理者免許取得のための勉強法
  7. 衛生管理資格にまつわるQ&A

この記事を読むことで、衛生管理者にまつわる基本的な知識を得ることができます。資格の習得に失敗しないためにも、ぜひ最後までお読みくださいね。

1.衛生管理者とは?

1-1.衛生管理者の定義について

衛生管理者とは、労働安全衛生法によって定められている『労働条件』『労働環境の衛生的改善』『疾病の予防処置』などを管理する資格者のことです。平たくいえば、事業場の衛生全般に関する管理責任者といったところでしょう。

常時50人以上の人たちが働く事業場では、労働者数に応じて衛生管理者を選任する必要があります。選任の基準は『特定の資格を持つこと』であり、必ずしも衛生管理者免許である必要はありません。衛生管理者に選任されるために必要な資格は以下のとおりです。

  • 衛生工学衛生管理者
  • 第1種衛生管理者
  • 第2種衛生管理者
  • 医師または歯科医師
  • 労働衛生コンサルタント
  • 上記以外で厚生労働大臣の定める者(保健体育の免許保持者、大学・高等専門学校において保健体育を担当する教授・准教授・講師など)

1-2.衛生管理者の目的と必要性

事業場における労働者の衛生を管理することが1番の目的となります。そして、労働者の衛生を管理することは人権を守るためにも必要なことなのです。

しかし、管理者が存在しなければ、いったい誰がこの衛生を守るのでしょうか。普通に考えれば社長や役員となりますよね。しかし、すべての人が衛生に対する専門知識があるわけではありません。専門知識がなければ、衛生管理を行うのは困難でしょう。ですから、衛生管理のスペシャリストが必要となるのです。

日本では足尾銅山鉱毒事件や水俣病(みなまたびょう)、イタイイタイ病など、公害事件のトラウマがあります。かつての惨事を引き起こさないためにも、衛生管理者は非常に重要なのです。

1-3.衛生管理者の歴史

1947年までは衛生管理を医師がすべての業務を行っていました。しかし、医師だけですべての業務を行うのは難しく、これを改善するために1947年に労働基準法の労働衛生規則(旧・労働衛生規則)にて規定されることになります。その後は時代背景とともに何度かの改訂が行われながら現在に至りました。

1-4.衛生管理者の職務

衛生管理者の職務としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 労働者の安全と健康を確保する
  • 労働災害を防止する
  • 危害防止基準を確立する
  • 責任体制を明確化する
  • 自主的活動を促進する
  • 快適な職場環境の形成

衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?