【必読】労働衛生・労働基準法とは?労働衛生の関連資格を取得しよう!

「労働衛生の現場で働きたい」「キャリアアップに有利だから」「就職・転職に役立てるため」など、衛生管理者を目指している人は多いでしょう。衛生管理者は労働衛生に関連する資格の1つです。労働衛生は現場で働く人たちにとって、とても大切な要素になります。労働衛生に関連する資格を取得するには、労働衛生の知識を身につけることが大切です。そこで、労働衛生とは何なのか、関連資格や勉強法など詳しく説明します。

  1. 労働衛生とは
  2. 労働衛生に関連する資格について
  3. 試験の受け方について
  4. 資格取得のための勉強法
  5. 労働衛生に関してよくある質問

この記事を読むことで、労働衛生の基礎知識を身につけ関連資格の試験対策ができます。労働衛生について知りたい方、関連資格の取得を考えている方は必読です。

1.労働衛生とは

労働衛生に関連する資格を取得したい方は、労働衛生について知らなければなりません。労働衛生の定義や目的・3管理など詳しく見ていきましょう。労働衛生の知識を深めていけば試験対策もできます。

1-1.労働衛生の定義

労働衛生は「労働環境および労働者の健康維持を確保するための取り組み」のことです。職場以外の労働者の生活を健康的にする意味も含まれています。なぜなら、快適な職場でなければ私生活にも悪影響をおよぼしてしまうからです。仕事が充実すればプライベートも充実できますよね。つまり、労働衛生は労働者の視点からの労働環境・労働条件を維持するために必要な項目です。

1-2.労働衛生の歴史

日本で労働衛生が活発的になったのは江戸時代からです。江戸時代はほとんどの男性が鉱山労働者でした。粉じんが常にまっている鉱山内では、肺をやられてしまうことが多かったのです。1849年に発行された「生野銀山孝義伝」の中では「坑内労働者は30歳くらいで死ぬ。」と記載されています。そして、昭和時代に入ると、1947年に労働基準法、労働安全衛生法が公布されました。労働者の健康を守る規律が見直され始めたのです。

1-3.労働衛生の目的・必要性

労働者の健康を維持することが労働衛生の目的です。労働環境や労働時間、作業方法、労働災害の防止など状況に合わせて見直していけば、労働者の健康を守ることができます。労働者が快適に働ける環境でなければ、効率の良い仕事もできません。労働衛生は労働者はもちろん、労働者を雇うがわにも大切な内容なのです。

1-4.3管理について

「労働衛生の3管理」をご存じでしょうか。労働衛生の3管理とは「作業環境管理」「作業管理」「健康管理」の3つの管理を指している言葉です。「作業環境管理」は作業環境中に発生する有害因子を把握して良好な状態に管理する内容になります。有害因子を把握するには作業環境測定が必要不可欠です。「作業管理」は環境を汚染させない作業方法、有害因子による労働者の負荷を軽減する内容になります。そして、「健康管理」は労働者個人の健康状態をチェックして健康被害を防ぐ管理です。健康状態が悪ければ改善できるまで医学的および労務管理的な処置をおこないます。以上の労働衛生の3管理は労働衛生の基本です。ちなみに、3管理に「総括管理」と「労働衛生教育」を加えると「労働衛生の5管理」になります。

1-5.その他

労働基準法に基づき、事業場に対する監督や労災・労働保険の給付などをおこなう「労働基準監督署」があります。労働基準監督署は事業場に立ち入り、きちんと労働者の健康が確保されているかどうかチェックするのです。法違反が認められた場合は行政指導をおこないます。また、労働者がわにも連帯組織である「労働組合」が存在しているのです。労働組合は適切な契約交渉の維持から労働環境の向上など、労働者の雇用を維持し改善することに努めています。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?