特定元方事業者とは?指名される責任者になるための知識を習得しよう

「特定元方事業者」とは何なのか、言葉は知っていても意味について詳しく知らない人は多いです。建設業や造船業など特定事業に関係する特定元方事業者には決まりがあります。何も知らないまま特定事業にたずさわっていると仕事にミスが出てしまいがちです。そこで、特定元方事業者とは何なのか、特定元方事業者の事業開始報告や必要な責任者・有資格者など詳しく説明しましょう。

  1. 特定元方事業者とは
  2. 特定元方事業者の講ずべき措置
  3. 特定元方事業者の事業開始報告について
  4. 特定元方事業者における責任者とは
  5. 特定元方事業者に関してよくある質問

この記事を参考にすれば、特定元方事業者の基礎知識を身につけることができ、関連する資格取得のための情報を得ることができます。特定元方事業者について知りたい方は必見です。

1.特定元方事業者とは

特定元方事業者は労働安全衛生法の保安管理に関係する項目です。安全・安心な作業をするためにも、特定事業に関する特定元方事業者について把握しておかなければなりません。これから、特定元方事業者の概要と元方事業者との違いを解説します。

1-1.特定元方事業者の概要

仕事量や範囲が広いと1つの事業者だけでは手に負えません。そこで、事業者はほかの事業者へ仕事の請負を依頼します。特定元方事業者とは、元方事業者のうち、建設業や造船業といった特定業種に属する事業者のことです。また、特定元方事業者には統括管理が義務づけられています。なぜなら、建設業・造船業では同じ場所でいくつもの違う事業者・労働者が混在しているからです。きちんと統括管理をおこなわなければ労働者をまとめ指示することができません。

1-2.元方事業者との違い

元方事業者は1か所でおこなう事業内容の一部を下請負人に請け負わせている事業者です。そして、残りの仕事は自らおこないます。つまり、特定事業をおこなうかおこなわないかの違いが、元方事業者と特定元方事業者の違いです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?