【完全理解】統括安全衛生責任者って何?必要な知識を完全網羅!

「統括安全衛生責任者について詳しく知りたい」「統括安全責任者の選任を受けたけど何をしたら良いのだろう」など、統括安全衛生責任者への注目が高まっています。今回は、統括安全衛生責任者について、必要な知識を完全網羅するべくまとめたのでご覧ください。

  1. 統括安全衛生責任者とは
  2. 統括安全衛生責任者を置くべき職場とは
  3. 統括安全衛生責任者の資格を詳しく理解しよう
  4. 総括安全衛生管理者と統括安全衛生責任者の違い
  5. 統括安全衛生責任者に関連するほかの資格
  6. 統括安全衛生責任者に関するよくある質問

統括安全衛生責任者について、深く学んだり理解をしたりすることは、皆さんにとって必ず役に立ちます。統括安全衛生責任者について学ぶことは、現在の職務の専門性を高めたり深く理解したりするためにも大切なことであると言えるでしょう。統括安全衛生責任者について知りたい人には、必ずお役に立つ内容ですからぜひ読んでくださいね。

1.統括安全衛生責任者とは

まずは、統括安全衛生責任者の基礎知識から学ぶことにしましょう。統括安全責任者を深く理解するためにも、基礎をきちんと学ぶことが大切ですよ。

1-1.統括安全衛生責任者の概要

統括安全衛生責任者とは、特定元方(もとかた)事業者の事業所で働く労働者の安全管理を統括する職務を持ちます。特定元方(もとかた)事業者とは、建設業・造船業で、「請け負った仕事の一部を、下請け人を雇って依頼している」事業者となることを覚えておきましょう。ひとつの事業所の労働者が、同じ雇い主から派遣している場合は、指導・指揮も統一しやすいものです。しかし、複数の雇い主から派遣している労働者が混在している職場は、指導・指揮系統が乱れがちになるでしょう。統括安全衛生責任者は、混乱を招いたり思わぬ労災を防いだりするためにも全体を統括することが目的としているのです。

1-2.統括安全衛生責任者の職務を学ぼう

統括安全衛生責任者の職務は、以下のような内容となります。

  • 問題が発生した場合の協議組織の作成と運営
  • 現場での作業間の連絡
  • 作業場所の巡回を行うこと
  • 作業員に対する安全衛生教育の指導と援助

現場では、複数の元請けからの作業員が混在して働いています。元請けが異なる作業員が安心・安全に作業を行うことができるように努めることが、統括安全衛生責任者の職務と言えるでしょう。

1-3.統括安全衛生責任者の目的や必要性

統括安全衛生責任者の目的は、異なる元請けから派遣してきた作業員同士が、同じ職場で作業をすることによる問題を解決したり防いだりすることにあります。元請けが異なることは、指導の行き違いや作業の混乱を招く原因になりやすいでしょう。思わぬ事故や労災の防止のためにも、現場では統括安全衛生責任者が一括して指示を行う必要があるのです。統括安全衛生責任者は、労働者の安全と衛生を守る責任がある立場と言えるでしょう。

1-4.統括安全衛生責任者の資格要件

統括安全衛生責任者の資格要件は、特別なものはありません。統括安全衛生責任者は、実質的に現場を統括する立場にあることが大切なのです。つまり、現場責任者として仕事を管轄している人物が適任と言えるでしょう。統括安全衛生責任者になるためには、「事業場においてその事業の実施を統括管理する者」という指定があるだけなのです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?