労働安全衛生法に定められた高所作業の定義と安全対策とは?

建築や電気工事の仕事をしていると、高い場所で作業をすることも珍しくありません。これを「高所作業」といいますが、平地で作業をするよりもどうしても事故は起こりやすくなるでしょう。

そこで、今回は労働安全衛生法における高所作業の定義や安全対策についてご説明します。皆様が思っている以上に、高所作業の基準は厳しいのです。職業柄高所で作業することが多いという方や工事の責任者になることが多い方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 労働安全衛生法における高所作業の定義とは?
  2. 高所作業の事故事例とは?
  3. 高所作業の安全対策とは?
  4. おわりに

1.労働安全衛生法における高所作業の定義とは?

高所作業とは、文字どおり地上から高い場所で工事などの作業をすることです。労働安全衛生法では、地上から2m以上の場所で行う作業を高所作業と定義しています。思ったより低い場所での作業も当てはまるのだと思う方もいるでしょう。確かに、2mというと一般住宅の天井くらいの高さです。日曜大工でも脚立を使ってこのくらいの高さで作業をする方もいるでしょう。

しかし、わずか2mとはいえ平地で作業をするより事故が発生する可能性はぐっと高くなります。脚立から転落しただけでも打ち所が悪ければ最悪の結果になるでしょう。ですから、工事の責任者は「脚立の上に立って作業をすることも、高所作業になる」と覚えておくとよいですね。

また、脚立の上での作業は安全対策を怠りがちですが、実はそのほかの場所で高所作業をするよりも脚立やはしごの上で作業をする方が、事故が起こりやすいこともあります。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?