局所排気装置が必要になる場所とは?種類や目的・用途について

部屋の空気を清潔に保つには「排気」をきちんとしなければなりません。
排気に役立つ装置にはたくさんの種類があります。
さまざまな種類がある中、フード・吸引ダクト・排気ダクト・空気清浄装置・ファンで構成しているのが「局所排気装置」です。
これから、局所排気装置が必要になる場所、局所排気装置の種類、点検や用途について詳しく説明します。

  1. 局所排気装置が必要になる場所
  2. 局所排気装置の種類
  3. 局所排気装置の点検と用途
  4. まとめ

1.局所排気装置が必要になる場所

排気をきちんとすることでキレイな環境を保ち続けることができます。
特に、危険な物質や薬品を使用している場所では安全な環境を徹底していかなければなりません。
では、局所排気装置が必要になる場所について説明していきましょう。

1‐1.局所排気装置とは

排気装置にもさまざまな種類があります。
局所排気装置とは、蒸気・ガス・粉じんなどの有害物をフードから吸いこみ、ダクトによって屋外へ排気する仕組みです。
ダクトで有害物を搬送するときは排気ファンの力を借りることになります。
よって、局所排気装置にはさまざまな道具・装置で構成しているのです。
局所排気装置は、主に「有害物が発生する場所」に設置の義務があります。
人間にとって有害となる物質は粉じん、有機溶剤、ガス、溶接ヒュームなどです。
部屋の中に散布してしまうと、私たちの体に悪影響をもたらします。
体が悪影響を受ける前に、できるだけ早く有害物質を取りのぞいていかなければなりません。

1‐2.有機溶剤、特定化学物質を扱う作業現場

工場や研究所など、有機溶剤や特定化学物質を扱うことが多いでしょう。
基本的に、労働安全衛生法の特化則や有機則において局地排気装置の設置が決まっています。
法律で決まっているため、必ず守らなければなりません。
有機溶剤、特定化学物質の種類や量、環境によっても設置の仕方が異なります。
管轄の労働基準監督署への届け出も必要でしょう。
細かい決まりができているのは、衛生環境の安全を確保するためです。
よって、有機溶剤や特定化学物質を扱う作業現場では注意を払っていかなければなりませんね。

1‐3.局地排気装置の設置場所

基本的に、局地排気装置が必要になる場所は「人体に影響をおよぼす物質を使用している現場」です。
法律で決まっている場所には必ず局地排気装置を設置しなければなりません。
さらに、局地排気装置を設置する場所にも細かい決まりがあります。
たとえば、有機溶剤の場合、制御風速以上の吸引を目指さなければなりません。
制御風速以上にすることで、局所排気装置の要件を満たすことができます。
一方、特定化学物質の場合は、作業エリア全体の管理濃度を一定にすることが大切です。
できるだけ、特定化学物質が1か所に集まらないよう工夫していかなければならないでしょう。
以上のように、局所排気装置は生活環境、作業手順、製品の流れを考慮した吸引方法、設置場所が大切です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?