OJT(職場教育)の意味や目的は? メリット・デメリットも紹介!

職場には、定期的に新人が入ってきます。新卒や中途入社にかかわらず、どんな職種でも社員教育は必要。その方法のひとつがOJTです。そこで、今回はOJTのやり方やメリット・デメリットをご紹介します。今は企業も体力がなく、新人育成に昔ほど時間をかけていられないところが多いです。しかし、OJTがうまくいけば時間をかけたり外部から講師を招いたりする必要もありません。

では、そのために注意するポイントなどは何でしょうか?答えは、この記事を読めば分かります。

  1. OJTって何?
  2. OJTのメリットやデメリットとは?
  3. OJTが成功する方法とは?
  4. おわりに

1.OJTって何?

OJTとは、On-the-Job Training(オン・ザ・ジョブトレーニング)の略です。ジョブトレーニングの名前の通り、企業で行われる人材育成や教育法の一種になります。OJTの原型ができたのは1917年、第一次世界大戦中のことでした。働き手が不足している造船所で、何とか短期間で新人に仕事を覚えさせるために考え出されて方法です。OJTのやり方を大まかに説明すると、以下のような4段階になります。

  • やってみせる(指導者がお手本をみせる)
  • 説明する
  • やらせてみせる(新人に仕事をさせる)
  • 指導する(改善点を説明したり、改めて指導したりする)

この方法だと、新人ひとりひとりに直接仕事を教えることができるのです。本来、新人教育とは、研修期間を設けて集団で仕事を教えるものでした。皆様の中にも、集団で勉強したり仕事を見学したりといった新人研修を行った経験がある方も多いでしょう。しかし、この方法では新人の教育だけに、時間がかかります。

また、新人の理解力もひとりひとり違うため、同じことを教えても全員が同じように仕事ができる、とは限りません。すぐに仕事を覚える人がいる一方で、なかなか理解が進まない人もいるでしょう。そのフォローもしていれば、さらに時間や費用がかかってくるのです。

ですから、時間や資金に余裕がある企業ならば問題ありませんが、そうでない企業は研修期間を短くしたり内容を薄くしたりすることが多いでしょう。その結果、教育が不十分な新人が仕事をすることになり、職場がかえって混乱することもあるのです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?