職場での悩みを解決! 仕事の人間関係で困った時の対処法は?


いつも向かう必要のある職場。しかし、その職場の人間関係で悩む人は多いです。悩みが深刻になってくると職場に向かうだけでストレスとなり辞める人もいます。そこで、職場の人間関係をよくする対処法について紹介しましょう。
この記事では、職場の人間関係に関する対処法についてまとめました。

  1. 人間関係に疲れやすい人はこんな人
  2. 人間関係を円滑にする対処法
  3. 職場で好かれるタイプ
  4. 職場で嫌われるタイプ
  5. まとめ

1.人間関係に疲れやすい人はこんな人

職場の人間関係に疲れる人には、共通点があるものです。そこで、自分が人間関係で疲れやすいのか確認しておきましょう。

1-1.気を使い過ぎる人

人に気を使い過ぎる人は、人間関係にてストレスを感じる人です。相手への発言内容に対して「言い過ぎたかな」と考える人が当てはまるでしょう。反対に、相手の発言に対して考え過ぎる人も言えます。
また、自分が「こう思われているのではないか」と考え込む人もストレスを感じやすいです。自分の主張がうまくできず溜(た)め込んでいる人と言い換えることもできます。

1-2.思い込みで動く人

相手の発言内容を素直に取らない人。そんな人も人間関係にて疲れる人です。
人間の言葉は、ときには「他意」を含んでいることもあります。しかし、どんな言葉に対しても「言葉の裏」を取っていると思い込みが発生するのです。
その思い込みだけで勝手に動くと発言者との間に溝ができます。その結果、自分から人間関係をこじらせている人も多いです。

1-3.陰口をたたく人

相手に対して素直に言葉を告げることができず、陰で悪口を言っている人。そんな人も、人間関係で疲れている人の特徴となります。自分の言いたいことを我慢することになるため疲れてしまうのです。
陰口は勝手に広まります。その陰口の正体がわかると人間関係がこじれてくるのです。

1-4.人間関係で疲れやすい人の共通点とは

上記で挙げた3タイプからわかることは、自分からきちんと言葉にしないこと。自分の言いたいことを我慢してしまうため、ストレスとなって疲れてしまうのです。
また、人間関係に疲れやすい人は、同じ人とばかり付き合う傾向があります。同じ人とだけ付き合うと人間関係が広がらず孤独になる傾向があるのです。そのため、年を取っていく中で不安が大きくなります。

2.人間関係を円滑にする対処法

人間関係を円滑にしようとしたとき、簡単なのは自分が変わることです。
相手を変えるのは難しいもの。しかし、自分が変われば相手も変わります。そこで、人間関係を円滑にする具体的な対処法を紹介しましょう。

2-1.職場すべての人に同じように接する

職場の人間関係を改善したいときは、職場で会う人へ平等に接するようにします。特定の人だけに接するのを止めましょう。
まず、始めてほしいのが挨拶です。自分から挨拶するだけで人間関係が変わってきます。反対に言えば、特定の人としか話さないため人間関係がこじれているのです。
職場で距離を感じる人は、みんなに挨拶しているかどうか確認しましょう。反対に、自分に距離感を持っている人にも自分から挨拶をしていきます。挨拶によって会話が開くと関係性も改善していくでしょう。

2-2.先入観を捨てる

苦手な人をそのままにしている人がいます。しかし、自分から話しかけるようにする努力をしてみましょう。相手はあなたのことを苦手と思っていない可能性があるからです。
勝手に「苦手」と考えて距離を取ると人間関係がこじれます。簡単な挨拶から始めてみましょう。
このとき、無理に仲良くなる必要はありません。相手との距離を測るために「挨拶」をするのです。仲良くなるかどうかは、後から考えればいいだけ。
また、挨拶を通じて相手のことがわかると仕事上の悩みや共通点が見えてきます。その中で、相手への「苦手」をすり減らしていくのがコツです。

2-3.特定の人でつるまない

人間誰しも好きな人や得意な人、一緒にいて楽しい人がいます。もちろん、プライベートで苦手な人と無理に付き合う必要はありません。しかし、職場に置いては得意な人とは適度に距離を置きましょう。
職場にて好きな人とばかり会話していると人間関係が縮小していきます。しかし、職場では他人と会話して仕事することが求められるもの。そのため、好きな人とばかり仕事しても意味がありません。
また、苦手な人を排除するような仕事のやり方をしていると自分が取り残されることも多いです。
仕事場で仲良くなった人とは、プライベートの付き合いがあってもいいでしょう。しかし、職場とプライベートで気持ちはしっかり分けるようにします。

3.職場で好かれるタイプ

職場にて好かれやすいタイプがいるもの。そこで、人間関係に困らない好かれるタイプについて知っておきましょう。

3-1.悪口を言わない

職場で嫌われない人の鉄則です。職場にて悪口を言うのは絶対に止めましょう。
悪口は、職場に対する不満から出てくるものです。しかし、その不満が自分にも非がある場合はないでしょうか。確かに、相手のミスで損することはあります。ですが、事前に何かできなかった考え直す必要はあるはずです。
悪口を言いそうなときは、何かできなかったかプラスの方向へと転換しましょう。プラスへ転換するだけで相手からも評価されるようになります。

3-2.嫌みなく褒めることができる

職場の中で褒めるのが上手な人は好かれる人です。
人間は、褒められることに必死な人は多いですが褒めることを頑張る人は少ないもの。職場で数少ない褒め上手になることができれば自然と好かれます。
褒めるときのコツは、相手の欠点をプラスに変えることです。たとえば、何でも批判する人がいたとしましょう。その人を褒めるときは「あなたは厳しいことを言うけど、それだけ人を見ているんですよね」という具合に変換します。相手のミスを指摘しながら褒めることに成功するわけです。
気を付けたいのは、うそは言わないこと。相手の気にしていることや全く当てはまらないことを口にしないようにしましょう。

3-3.他人のせいにしない

職場では理不尽な責任を取ることがあるもの。それは、誰もが責任を取りたくない心理から発生します。会社で発生した理不尽を誰も解決したくないからです。
しかし、「誰々のせいだ」という議論に参加すると泥沼状態になるだけ。その議論へ参加する前に自分にできる解決方法を見つけましょう。
簡単なことからで大丈夫です。自分から謝罪したり問題があった書類などを直したりするところから始めます。そのとき、自分に付いてくる人がいればなおいいでしょう。自分だけ責任を取らない形で解決へと向かうように促すことが大切です。

4.職場で嫌われるタイプ

職場で嫌われる人の共通点は、自分から人を遠ざける人と言えます。

  • 悪口を言う。
  • 文句が多い。
  • 挨拶ができない。

仕事の要領や性格なども理由になるもの。しかし、職場に最も悪影響なのは相手を受け入れない態度です。仕事が覚えられないのであれば先輩や上司に聞く必要があります。それも、相手を避けて自分の本音が言えないとこじれるだけです。
何事も相手との会話をした上、自分のわからないことを正直に発言する。この行動ができないと職場でどんどん孤立すると思いましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?
この記事では、職場での人間関係の対処法についてまとめました。さいごに、人間関係を改善するポイントについておさらいしておきましょう。

  • 人間関係が悪くなるのは、自分にも原因がある。
  • 相手を変えるよりも、自分が変わったほうが楽。
  • 仕事場とプライベートで人付き合いは分ける。
  • 苦手な人とプライベートで付き合う必要はない。
  • 好かれる人は誰にでも同じ態度で接することができる。

職場における人間関係は、こじれると非常に面倒で仕事も嫌になります。しかし、危ないと思ったときは自分から変わるように心がけましょう。自分が変わることで相手との関係も改善できますよ!


衛生管理者試験を最短2日間で合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で衛生管理者試験に合格できます。別に学習内容が辛く厳しいわけではありません。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みをお持ちの方は、ぜひ当講座の特徴をご覧ください。

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。衛生管理者の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

最短合格の秘密はコチラ

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証
2.合格するまで教材無料
3.長期破損保障
※詳しくは『トリプル保証』のページをご覧ください。