高齢社員のモチベーションを向上させる4つの方法とは?

現在の日本は、高齢化が急速な勢いで進んでいます。
現在の定年は60歳ですが、再雇用を望む方も増えているのです。
しかし、「高齢社員のモチベーションがいまひとつで、悩んでいる」という会社は少なくありません。
そこで、今回は高齢社員のモチベーションを向上させる方法をご紹介しましょう。
現在、50代以上の会社員は、高い役職に就いてがんばっていた方も多いと思います。
それが再就職によって失われてしまうとどうしてもモチベーションは下がりがちになるでしょう。
その上げ方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 再就職の理想と現実とは?
  2. 高齢社員のモチベーション低下が招くデメリットとは
  3. 高齢社員のモチベーションを向上させるには?
  4. おわりに

1.再就職の理想と現実とは?

今の60代は、まだまだ現役といっても過言ではありません。
一般的な企業の定年は60歳ですが、独自に65歳定年制を設けている会社も少なくないでしょう。
また、一度定年退職をした後に嘱託社員として再雇用する会社も多いです。
年金の支給も65歳以上になったことで、嘱託社員を希望する方も少なくないでしょう。
しかし、今の高齢社員はずっと年功序列が当たり前の環境で働いてきました。
大きな功績を上げなくても、年とともに給料も役職も上がっていくのが当たり前だったのです。
また、部下をたくさん抱えて第一線でがんばってこられた方も多いでしょう。
嘱託社員になっても同じように働きたい、と思っている方はたくさんいるはずです。
しかし、企業側としては一度退職した人を、高い給料と役職を与えて雇い続けるのは難しいでしょう。
また、いつまでも役職のいすを高齢社員が独占していれば、若い人が活躍する機会もありません。
ですから、役職もなく給料も下がってしまうことも珍しくないのです。
その結果、「私はもう役立たずだ」とやる気をなくしたり不満をためこんだりして、モチベーションが低下する方も少なくないでしょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?