職場でできるインフルエンザ対策とは?感染の拡大を防げます。

日に日に寒さが厳しくなる季節になりました。
体調を崩す人増えるでしょう。
さて、これから春先まで気をつけなければならない感染症といえば、インフルエンザです。
社会人になれば、少々の体調不良では休めないということもあるでしょう。
しかし、インフルエンザにかかったまま出社すれば、感染を広めるだけです。
そこで、今回は職場のインフルエンザ対策についてご説明します。
職場でガイドラインを統一すれば決して難しいことではありません。
衛生管理者など職場の健康を管理する立場にある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. インフルエンザと普通のかぜの違いとは?
  2. インフルエンザが流行(りゅうこう)しやすい職場とは?
  3. インフルエンザの流行(りゅうこう)を防ぐための対策とは?
  4. おわりに

1.インフルエンザと普通のかぜの違いとは?

インフルエンザは、毎年冬から春先にかけて流行することの多い感染症です。
一昔前はかぜの一種と思われてきましたが、インフルエンザは、特定のウィルスに感染したことによって発症します。
かぜは、「かぜ症候群」といわれるせきや鼻水、発熱などが起きる症状の総称で、原因もひとつではありません。
インフルエンザの特徴として、高熱や関節の痛み、さらに高い感染力などが挙げられます。
その昔は、インフルエンザでたくさんの死亡者が出ることも珍しくありませんでした。
現在でもインフルエンザ脳症などを発症すると、後遺症が出ることもあります。
また、インフルエンザが職場内で流行(りゅうこう)すると、短期間の間にたくさんの方が発症することもあるでしょう。
その感染力はかぜよりもはるかに強力です。
業務に支障が出ることも珍しくありません。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?