常時使用する労働者の定義とは? 事業主が知っておくべき5項目

安全管理体制や健康診断の問題もあり、事業主は「常時使用する労働者の人数」を把握しておく必要があります。ここで問題なのが「常時使用する労働者」の定義についてです。

「パートやアルバイトも常時使用する労働者としてカウントされるのか?」「派遣社員を含めると50名を超えてしまう事業所では衛生管理者の選任義務があるのか?」「契約期間が決まっているアルバイトにも健康診断を受けさせなければならないのか?」

事業主様のそんな悩みや疑問を解消するために「常時使用する労働者」に関する情報をまとめてみたいと思います。常時使用する労働者の定義や衛生管理者の資格試験についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 常時使用する労働者の定義について
  2. 派遣社員・パート・アルバイトは常時使用する労働者になる?
  3. 健康診断の対象となるのはどこまで?
  4. 衛生管理者の選任が必要な事業所について
  5. 衛生管理者の資格試験について
  6. まとめ

1.常時使用する労働者の定義について

まずは「常時使用する労働者」の定義についてご説明します。通常その判断は事業者ごとにされるものであり、どう解釈するかについては統一されていないようです。労働者の数は労働契約の有無によって判断されるため、例えば在籍出向者は出向先と出向元の両方との間に労働契約関係があり、両方の労働者数にカウントされます。移籍出向者の場合は出向先との間にしか労働契約関係がないため、出向先の労働者数にのみカウントされることになるのです。

また、役員は通常だと常時使用する労働者にはカウントされませんが、事務職員や労務職員を兼ねている場合は人数に数えることになります。パートやアルバイトなどの短時間労働者も常時使用する労働者に含まれる場合がありますが、これについては次の項でご紹介しましょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?