安全衛生活動とはどんなことをするの? 事例とともにご紹介します。

衛生管理者の任務は従業員に安全で健康的に仕事をしてもらうこと。
その為に必要なのが安全衛生活動です。
では、安全衛生活動とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?
今回は事例を紹介しながら職場の安全活動についてご紹介します。
安全衛生活動計画の立て方などもご紹介しますので、職場の衛生管理を担当されている方や衛生管理者の皆様はぜひ参考にしてください。また、衛生管理者を目指す方も読んでおいて損はありません。

目次

  1. 安全衛生活動とは?
  2. 安全衛生活動の事例と効果とは?
  3. 衛生管理者が気を付けることとは?
  4. おわりに

1.安全衛生活動とは?

この項では、安全衛生活動の内容をご紹介します。
いったいどのようなことをするのでしょうか?

1-1.安全衛生活動の目的とは?

安全衛生活動とは、一言であらわすと「労働者が安全に健康的に仕事が行えるように、職場の環境や作業内容を整えよう」ということです。
その昔、企業は利益が最優先で従業員の健康など二の次という所も少なくありませんでした。
それから時間をかけて労働者の権利が認められるにつれて、職場の安全や従業員の健康も守られるようになったのです。
しかし、ここ10年ほどは再び企業の利益が最優先になり、従業員の健康や職場の環境を顧みない職場も増えています。
安全衛生活動の重要性も、より強くなっているのです。

1-2.安全衛生活動の内容とは?

安全衛生活動の内容は、以下の3つに分類されます。

  • 環境管理
  • 作業管理
  • 健康管理

これは、労働衛生管理の3本柱とも言われています。衛生管理者なら良くご存知でしょう。

  • 環境管理とは従業員が安全に健康的で働けるように、職場の環境を整えること
  • 作業管理とは、従業員の健康が損なわれないように仕事のやり方を指示すること
  • ​健康管理とは、従業員が仕事が原因で健康を損なわないように定期的にチェックすること

です。
つまりこの3本柱を守っていれば、安全衛生活動にもなります。

1-3.安全衛生活動計画とは?

職場の安全衛生活動を行うためには、職場巡視が最も効果的です。
しかし、単に職場の中を衛生管理者が見て回るだけでは、職場の環境や労働者の健康状態はわかりません。
そこで、年間に何度か環境や健康状態のチェックをする必要があります。
その際に必要なのが、安全衛生活動計画です。
衛生管理者が環境や従業員の健康状態をチェックしている間にも、仕事は続けていかなくてはなりません。
ですから、いかに仕事に影響を与えずに安全衛生活動をするかが大切です。
そこで、実際に活動を行う前に計画を立てる必要があるでしょう。
すでに、「この時期にこのような安全衛生活動をする」と決まっている職場は良いですが、まだ新しい職場の場合は衛生管理者と職場の責任者が話し合って決める必要があります。
計画の立て方としては、

  1. 従業員の健康診断など、年間に行わなくてはならない安全衛生活動をあげていく
  2. 職場の仕事スケジュールと照らし合わせて、忙しく無い時期に安全衛生活動を配置していく
  3. 従業員に安全衛生活動の日程を発表する

というふうにしていくと、スムーズに行きやすいです。
参考になるものが欲しいという場合は、各自治体の労働局のホームページから手引きがダウンロードできるようになっていますので、利用してみてください。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?