衛生管理者の受験に必要な実務経験とは?

職種に関わりなく50人以上の従業員が勤務している職場では必ず選任が必要な衛生管理者。
年々受験者が増えている人気の資格ではありますが、誰もが受験できるわけではありません。
最低でも1年以上の実務経験が必要です。そこで今回は衛生管理者の受験資格である実務についてご紹介しましょう。実務経験とはいったいどのようなものを指すのでしょうか? 正社員でないと実務経験は積めないのでしょうか? 衛生管理者の資格を取得したいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 衛生管理者について
  2. 衛生管理者の受験資格である実務経験とは?
  3. 実務経験はどうやって証明するの?
  4. 衛生管理者を目指すにはどうしたらいい?
  5. よくある質問
  6. おわりに

1.衛生管理者について

衛生管理者とは、従業員が健康かつ衛生的に仕事ができるよう、職場環境を整える職務を担うことのできる国家資格です。第一種と第二種があり、第一種はすべての職場で衛生管理を行うことができます。第二種は、小売業やオフィスでの事務仕事など、危険を伴う仕事が少ない職場で衛生管理の仕事を行うことが可能です。

衛生管理者は、職種にかかわらず、従業員が50名以上所属している職場では、専任が必要になります。衛生管理者に選任されると、

  • 健康診断の計画を立て、実施する
  • 健康診断の結果を管理し、必要とあれば職場環境の改善を求める
  • 最低でも週に1度の職場巡視を行い、職場の環境をチェックする
  • 衛生委員会(安全衛生委員会)の設置し、従業員の訴えを聞く
  • ストレスチェックの実施補助などを行う
  • 産業医と従業員との面談を設定する
  • 各種衛生教育

以上のような職務を行うことが一般的です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?