衛生管理者の資格に有効期限はあるの? キャリアアップの方法とは?

職種にかかわらず、50人以上の従業員がいる職場には選任が必要な「衛生管理者」。
大企業ほど必要とされることが多いため、近年受験者が増えています。
ところで、この衛生管理者免許に有効期限はあるのでしょうか?
そこで今回は、衛生管理者免許についてや、衛生管理者が受けられる研修、さらにスキルアップをする方法などをご紹介します。
衛生管理者の資格取得を目指したいという方や、衛生管理者からスキルアップしたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 衛生管理者の資格に有効期限はあるの?
  2. 衛生管理者の資格があれば仕事には困らない?
  3. 衛生管理者がキャリアアップのためにできることとは?
  4. まずは衛生管理者の資格を取得しよう

1.衛生管理者の資格に有効期限はあるの?

衛生管理者の資格に有効期限はありません。一度資格を取れば一生有効です。
しかし、労働衛生にまつわる法令や、労働基準法は時間がたつにつれて改変されることもあるでしょう。
また、職場の常識も年月とともに変化していくこともあります。
ですから、資格を取ってもしばらく職場をはなれていた場合は、復帰をした時になかなか仕事に慣れないということもあります。
さらに、転職をすれば職場の状態も変わります。
以前の職場では当たり前だったことが、新しい職場では通用しないということも多いです。
職場の衛生管理というのはとても大切な仕事です。
しかし、最近は長引く不況のせいで、衛生管理に気を配るよりも利益を上げる方が大事、という企業は多いです。
ですから、衛生管理者が頑張って仕事をしようとしてもうまくいかない、ということも少なくありません。
そう考えると衛生管理者の仕事は決して一筋縄ではいかない大変なものということがわかります。
ただ職員の健康診断の日程作りや書類整理だけをしていればよい、というわけではありません。
日々努力していくことが大切です。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?