衛生管理者の魅力は? 就職や手当てなどのメリットについて紹介!

衛生管理者は、近年人気が高まり、毎年受験者数が増えている国家資格です。
では、衛生管理者の資格を取得した場合は、どのようなメリットがあるのでしょうか?
そこで今回は国家資格としての衛生管理者の魅力をご紹介します。
衛生管理者の資格を取れば転職に有利、とよく言われますがいったいなぜなのでしょうか?
衛生管理者の資格を取りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 衛生管理者とは?
  2. 衛生管理者の就職状況とは?
  3. 衛生管理者の資格を取得するには?

1.衛生管理者とは?

この項では、衛生管理者の業務内容や働ける職場などをご紹介します。
衛生管理者は職種の区別なく、一定数が所属している職場には必ず選出しなくてはならないのです。

衛生管理者の仕事とは?

衛生管理者とは、労働安全衛生法で定められている国家資格です。
その業務は労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする、ということですが、わかりやすく説明すると、労働者が安全に衛生的に働けるように職場環境を整えるということが主な業務内容なのです。「
安全管理が必要な職場なんて、ごくわずかでは?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、たとえ危険と無縁な一般的なオフィスであっても夏暑く冬寒い職場、休憩室がなく、給湯室も汚れている職場、サービス残業が当たり前のようになっている職場、では労働者は安全に快適に働くことはできません。
このような労働環境も改善も衛生管理者の仕事なのです。
また、その他にも社員の健康診断の実施や健康診断のデータの管理なども業務のひとつになります。

衛生管理者が必要とされる職場とは?

衛生管理者は職種の内容に関わらず、50人以上の従業員を抱える職場には必ず選任しなければなりません。
この50人という人数は、そこに属し働いている人という意味で、正社員やパートなどの労働形態は関係ありません。
また、派遣会社など従業員のほとんどが他社に出向しているような会社でも、書類上そこに所属している社員が50人以上いる場合は、衛生管理者の選任が必要なのです。
ちなみに衛生管理者には1種と2種がありますが、1種はすべての職場の衛生管理を行えます。
2種は有害業務が少ない職種の職場の衛生管理を行うことができます。

衛生管理者になるには?

衛生管理者になるためには、試験を受けて合格する必要がありますが、その試験は誰でも受けられるわけではありません。
衛生管理者の試験を受けるには、1年以上の実務経験が必要なのです。
ですから衛生管理者は「資格だけもっていても実務経験がない」という人はいません。
企業としても衛生管理者の資格を持っているならば衛生管理の仕事を任せられる、という安心感があります。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?