衛生管理者に合格するために必要な学習時間はどのくらい?


疑問衛生管理者は、職種に関わらず50名以上の職場には必要な資格です。
ですから、大規模な事業所ほど需要が高く、求人がかかる割合も多いですし、資格手当がつく場合もあるでしょう。
では、衛生管理者の試験に合格するにはどのくらい勉強すればよいのでしょうか?
そこで今回は衛生管理者の試験に合格するために必要な学習時間や効率的な勉強法をご紹介しましょう。
衛生管理者の勉強時間は長ければよい、というわけでもないのですよ。
衛生管理者の資格取得を目指している方はぜひ読んでみてください。

目次

  1. 衛生管理者の試験の内容とは?
  2. 衛生管理者の勉強時間はどのくらい必要?
  3. 衛生管理者の試験に合格するための効率的な勉強法は?

1 衛生管理者の試験の内容とは?

この項では、衛生管理者の試験の内容や合格率についてご紹介します。
衛生管理者の合格率は、国家資格の中でもかなり高いほうですが、決して難易度が低いというわけではありません。

衛生管理者の試験内容とは?

衛生管理者には1種と2種がありますが、試験の科目は同じです。
「労働衛生」(17問 150点)「労働生理」(10問 100点)「関係法令」(17問 150点)の3科目が実施され、問題数は44問、点数は400点満点なります。
試験時間は全部で3時間。各科目による時間区分はありません。
科目は同じですが第1種衛生管理者の方が衛生管理ができる職場の種類が多いので、覚えることがたくさんあり難しいでしょう。
なお、第2種衛生管理者の資格を持っている人が、改めて衛生管理者第1種の資格を受ける場合は「労働生理」の科目が免除になります。
ちなみに合格基準は各科目が40%以上、合計点が60%以上ならば合格となります。

衛生管理者の合格率とは?

衛生管理者の合格率は、第1種と第2種を合わせて5割を超えています。
つまり、試験を受けた2人にひとりが合格している計算になります。
これは、国家資格の中でもトップクラスの合格率でしょう。
しかし、だからといって衛生管理者の試験が簡単で、勉強せずとも大丈夫というわけではありません。

試験日の多さが合格率を押し上げる?

国家資格の試験日は年に1~2回のものがおおいです。
しかし、衛生管理者の試験は、月に2~3回あります。
つまり、1年で30回近く試験があるのですね。
このほかにも年に1~2回、安全技術センター外のところで行われる出張試験があります。
受験者が望めば、毎月のように試験を受けられるでしょう。
受験回数が多ければ、当然合格率はアップします。
これが、衛生管理者の合格率が高い理由です。
もし、衛生管理者の試験が年に1回程度なら、合格率はぐっと落ち込むはずです。

3 衛生管理者の勉強時間はどのくらい必要?

では、衛生管理者の試験に合格するにはいったいどのくらいの時間が必要なのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

衛生管理者の勉強は暗記が中心

資格試験の難易度を紹介しているサイトなどを見ると、衛生管理者の試験の難易度は「ふつう」と記されているところが多いです。
この「ふつう」とは、「全く勉強しなければ受かりませんが、予備校に通ったり、何度も試験を受けなければ合格しない、というものでもない」という意味です。
つまり、試験範囲をしっかりと覚えておけば、合格できるのです。
ちなみに衛生管理者の勉強は、暗記が中心です。
計算能力や技術が必要なものはありません。ですから独学でも十分に勉強ができます。

衛生管理者の合格者は何時間勉強した?

衛生管理者の試験に合格した人のブログなどを見ると、たいてい試験2カ月~3カ月前くらいから勉強を始めています。
「そんなに長い期間勉強しないとだめなのか」と思う方もいるでしょう。
しかし、その間毎日朝から晩まで勉強しているわけではありません。
衛生管理者には受験資格があり、学生や職歴のない方は受験できません。
衛生管理者の資格試験を受ける人の大半が、仕事をしながら勉強し、試験を受けているのです。
ですから1日勉強時間は長くても2時間くらいだった、という人も多いようです。
逆に、勉強時間が取れないからこそ、長い時間をかけてコツコツと勉強していかなくてはならないという面もあります。

一夜漬けはできるの?

通信教育などのCMで「わずか数日で資格が取れる」とうたっているところもありますが、衛生管理者の資格は一夜漬けが効くほど簡単ではありません。
法令や、化学物質、労働者の健康状態など、何種類にわたる内容を、2日3日で覚えられる人は少ないでしょう。
また、試験数日前に詰め込みで押し込んだ知識が、試験中に上手に頭から取り出せるとは限りません。
「ぎりぎりにならないとやる気が出ない」という人でも、最低限1カ月前になったら勉強を始めましょう。

4 衛生管理者の試験に合格するための効率的な勉強法は?

では最後に衛生管理者の試験に合格するための効率的な勉強法や試験対策をご紹介します。
どのような参考書を使っても、一定のペースで勉強することが大切です。

参考書、過去問題集は1種類だけに絞る

衛生管理者の参考書や過去問題集は、たくさんの種類があります。
どれが良いのか迷う、という方も多いでしょう。
しかし、参考書や問題集をそろえればよい、というわけではありません。
むしろ「これ」と決めた参考書を徹底的に勉強することが大切です。
また、衛生管理者の試験勉強は、過去問を繰り返し解くことが重要です。
衛生管理者の試験は過去問が形を変えて出されることも多いため、過去問を解いていれば新しい問題の正解率もアップします。
ですから、参考書の内容を覚え、問題集で力試しをすることを繰り返しましょう。

隙間時間をうまく使う

衛生管理者の試験勉強をする際、最も必要とされるのが上手な時間の使い方です。
平日にまとまった時間が取れず、休日も家事や休息に時間を使いたいと思うのならば、通勤時間や昼休みの時間をうまく使って勉強するしかありません。
たとえ5分しかなくても、法令のひとつくらいは覚えられますし、過去問もとけます。
通勤時間が1時間以上あるという場合は、ぜひその時間を勉強時間に充てましょう。

聴いて覚えるという方法もある

現在はCDやDVDなど音声教材がセットになった参考書も販売されています。
つまり耳で聴いて知識を覚えるのです。通勤時間や休み時間の勉強は、耳で聴いたほうが良く覚えられるという人もいるでしょう。
ただし、あまり長いCDやDVDの場合は聴き終わるまで時間がかかります。できるだけひとつのコンテンツが短いものが良いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は衛生管理者の勉強時間や勉強法をご紹介しました。
まとめると

  • 衛生管理者の難易度は普通
  • 衛生管理者の勉強法は暗記が中心
  • 衛生管理者の勉強は、細切れの時間をうまく使うことが大切

ということです。
試験日が近づいて来たら、実際の試験時間にあわせて過去問を解いてみるとよいでしょう。試験対策として有効です。
また、衛生管理者の試験は休日より平日に行われることが多いです。
休日の試験日はあっという間に会場が満員になってしまうことが少なくないので、衛生管理者の試験を休日に受けたいという場合は、できるだけ早めに申し込みをしましょう。
また、第二希望、第三希望の日も念のために予定を空けておいてください。
何かの理由で第一希望に受験者が殺到して、第二希望に試験を受けてくださいという指示が来ても安心です。


衛生管理者試験を最短2日間で合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で衛生管理者試験に合格できます。別に学習内容が辛く厳しいわけではありません。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みをお持ちの方は、ぜひ当講座の特徴をご覧ください。

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。衛生管理者の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

最短合格の秘密はコチラ

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証
2.合格するまで教材無料
3.長期破損保障
※詳しくは『トリプル保証』のページをご覧ください。