衛生管理者数の受験者数はどのくらい? 人数が多い理由とは?

衛生管理者は50人以上従業員が所属している職場では、必ず選出しなければなりません。
業種には関係がないため、大企業ほど必要とされる場合が多く、人気が高まっている資格です。
では、衛生管理者は、毎年どのくらいの人数が受験するのでしょうか?
そこで今回は衛生管理者の受験者数や資格を取得するメリットなどをご紹介していきます。
国家資格の中では、合格率の高い資格ですが、だからといって油断は禁物です。
衛生管理者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてください。

目次

  1. 衛生管理者の受験者数と合格率とは?
  2. 衛生管理者の試験は早い者勝ちで何度も受けられる?
  3. 衛生管理者の資格を取得するメリットとは?
  4. 衛生管理者の勉強方法とは?

1 衛生管理者の受験者数と合格率とは?

この項では、衛生管理者の受験者数と合格率、受験資格などについてご紹介します。
衛生管理者の合格率はかなり高いようですが、それはいったいなぜでしょうか?

衛生管理者の受験資格とは?

衛生管理者には、1種と2種がありますが、両方とも1年以上の実務経験が必要です。
実務年数は最終学歴によって決まるのですが、学歴が高いほど実務経験が短くなります。
ですから、学生や未経験者が衛生管理者の試験を受けたい場合は、職場に事情を話し、衛生管理の仕事に就くことが必要です。
ちなみに年齢や性別による制限はありません。でも、実際に職場の衛生管理を任されているのは、女性が若干多いようです。

衛生管理者の受験者数はどのくらい?

2013年度のデータを見ると、衛生管理者の第1種は54,499名が受験し、29,800名が合格しました。合格率は54.7%です。
第2種は26,555名が受験し、17,878名が合格しました。合格率は67.3%です。
ずいぶんとたくさんの人が受験し、合格率も高いと思いますか?
実はこれにはほかの国家資格にはない、衛生管理者独特の試験システムが関係しているのです。

衛生管理者の試験の特徴とは?

衛生管理者は毎月2~3回試験が行われます。
第1種衛生管理者も第2種衛生管理者も試験日は同じです。ですから、同じ日に第1種と第2種を同時に受けることはできません。
しかし、年1回しか試験のない国家資格も多い中、おそらく最多の試験回数でしょう。
ちなみに試験は全国にある安全技術センターで行われます。
安全技術センターの場所や、試験日程は、公益社団法人、安全衛生技術試験協会のホームページに記載されています。
安全技術センターが遠い、という人は、年に1~2回全国で行われる出張試験を利用するとよいでしょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?