衛生管理者の仕事内容は? 資格取得に役立つ教材はコレ!

健康診断年々取得する人が増えている国家資格、衛生管理者。従業員が50人以上いる職場には必ず選任する必要があるので、大企業ほど資格保持者を必要としているのです。

では、衛生管理者に選任された場合、どのような実務があるのでしょうか?今回はそれをご紹介しましょう。衛生管理者の業務内容はどれも目立つものではありません。しかし、衛生管理者が実務を怠ると職場の各所に不具合が出てくるでしょう。

衛生管理者の資格取得を目指しているという方や、衛生管理者の仕事に興味があるという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. なぜ、職場に衛生管理者が必要なのか?
  2. 衛生管理者の仕事内容とは?
  3. 衛生管理者が行う健康管理業務の内容とは?
  4. 衛生管理者になるには?

1.なぜ、職場に衛生管理者が必要なのか?

衛生管理者は、50人以上の従業員が在籍している職場では必ず選任する必要があります。
この50人という人数は正社員の数ではありません。パートでも派遣社員でも50人の中に含まれます。

また、所属している従業員の数は多いけれどほとんどが外部に派遣されている、という場合でも所属している人数が50人以上の場合は選任が必要です。会社というのは利益を追求する集団でもあります。

20世紀初頭までは、労働者の安全や健康よりも会社の利益を優先するのが当たり前でした。その結果、労働災害が多発したり、従業員の健康が次々に損なわれたのです。労働者たちは自分たちの権利として、安全で健康な職場環境を求めて経営者側と長い交渉をし、ようやく労働者が安全で健康に働ける職場環境を整えることができました。

日本でも、高度成長期には会社の利益が最優先という風潮があったのですが、過労死や労働災害が頻発するようになり、「職場環境を改善しよう」という意識が高まったのです。しかし、職場環境は気を付けていないと悪化しがちです。

そこで衛生管理者を選任する必要があるのですね。なお、職場の衛生管理に関する法令はかつては労働基準法の一部でしたが、現在は独立しています。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?