衛生管理者の受験資格とはどんなもの?

従業員が50人以上いる職場では必ず選出しなければならない「衛生管理者」。
大企業ほど需要が高く、資格手当を付ける会社も多いので、年々取得する人が増えている人気資格です。
そこで今回は衛生管理者の受験資格の条件や実務の内容ををご紹介しましょう。
衛生管理者は誰でも取得できる資格ではありません。だからこそ、企業からの需要も高いのです。
衛生管理者の資格を取りたい、と考えている方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 衛生管理者の受験資格とは?
  2. 衛生管理者の実務の内容とは?
  3. 衛生管理者の試験勉強とは?

1.衛生管理者の受験資格とは?

この項では、衛生管理者の受験資格や第一種と第二種の違いなどをご紹介します。
これから衛生管理者の資格を取得したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

1-1.衛生管理者の受験資格を得るためには?

衛生管理者には第一種と第二種がありますが、両方とも受験する実務経験が必要です。
最終学歴によって最長で10年、最短で1年と年数に幅がありますが、実務経験がない方や、学生は受験ができないので注意しましょう。
現在、衛生管理の職務についている方で年数が足りないという方はそのまま勤め続けてください。
学生の方や実務経験がない人は、就職先に衛生管理者の資格を取りたいことを告げて、実務経験を積めるように取り計らってもらいましょう。

1−2.第一種と第二種の違いとは?

第一種衛生管理者は、すべての職場の衛生管理を行うことができます。
第二種衛生管理者は、有害業務と関連のうすい情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業等の職場で衛生管理を行うことができます。
なお、衛生管理者の試験は「労働衛生」「労働生理」「関係法令」の3科目が実施されますが、第二種を取得している人が第一種を取得する場合は「労働生理」の試験が免除されます。

1-3.試験はどのように行われるの?

衛生管理者は毎月2~3回試験が行われます。
国家試験の中ではかなり多いほうでしょう。
第一種衛生管理者も第二種衛生管理者も試験日は同じです。ですから、第一種と第二種を同日に受験することはできません。
試験は全国にある安全技術センターで行われます。
安全技術センターの場所や、試験日程は、公益社団法人、安全衛生技術試験協会のHPに記載されていますので、衛生管理者の資格試験を受けるという方はまず試験日程と最寄りの試験会場を確認しましょう。
また、安全技術センターが近くにないという方は、年に1~2回行われる「出張試験」を利用してください。
なお、衛生管理者の試験は平日に行われることが多いです。
休日に行われる試験はすぐに定員いっぱいになってしまうので、絶対に休日に受験をしたいという場合は、早めに受験の申し込みをしましょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?