衛生管理者の難易度はどのくらい? 合格するための勉強方法を解説!

衛生管理者は、50人以上の従業員が就業している職場では必ず選出しなくていけません。資格手当がある職場も多く、年々受験者が増えている人気の資格になっています。では、衛生管理者の試験の難易度はどのくらいなのでしょうか? 今回はそれをご紹介します。

衛生管理者は他の国家資格とはいくつか異なる特徴があるので、難易度だけで判断せずにきちんと勉強をすることが大切です。衛生管理者の資格を取りたいという方や、衛生管理者の資格試験を受ける方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 衛生管理者とは?
  2. 衛生管理者のメリット
  3. 難易度はそれほど高くはないけれど…
  4. 衛生管理者の試験に合格するためには?
  5. SATの教材を試してみよう

1.衛生管理者とは?

衛生管理者とは、従業員が健康的かつ衛生的に仕事ができるように職場環境を整える職務を担う国家資格です。職種に関係なく、50名以上の従業員が所属している事業所には、選任が義務づけられています。ちなみに、従業員の勤務形態は関係ありません。パートやアルバイトが49名に正社員1名の職場でも選任が必要です。また、従業員のほとんどが事業所の外へ派遣されている職場でも、50名以上が所属していることになっているのならば、選任義務があります。

衛生管理者には1種と2種があり、1種はどのような職種の事業所でも衛生管理を行うことが可能です。2種は、販売業や事務仕事が中心のオフィスなど、危険が少ない仕事が主流の職場で衛生管理を行うことができます。

衛生管理者の仕事は、週に1度の職場巡視・年に1度の健康診断の計画と実施・健康診断の結果の管理・衛生委員会(安全衛生委員会)の設置などです。平成28年(2016年度)からは50人以上が所属している職場ではストレスチェックが実施されています。このストレスチェックを実施する際の補助も、衛生管理者の仕事です。また、必要であれば産業医との橋渡しも行います。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?