衛生管理者講習会とは? 受講内容や受講の仕方を紹介

衛生管理者になるためにはまず試験に合格する必要があります。
国家資格の試験の中では合格率が高い試験ですが、それでも全く勉強せずに受かるほど甘いものではありません。
そんな試験に合格するための勉強法のひとつが講習会への参加です。
そこで今回は衛生管理者の講習会についてご紹介しましょう。
衛生管理者の資格を取りたいという方や、衛生管理者の資格を取りたいけれど思ったように勉強がはかどらないという方はぜひ読んでみてくださいね。

1衛生管理者講習会とは?

衛生管理者講習会とはどのようなことを行うのでしょうか?
また、試験対策としては有効なのでしょうか。この項ではそれらについてご紹介していきましょう。

衛生管理者講習会はどのように行われるのか?

衛生管理者講習会とは、衛生管理者試験に合格するための勉強会です。
大学や高校の受験対策をする予備校をイメージしてもらえばわかりやすいと思います。
衛生管理者試験は暗記物が中心ですが、中には法令など覚えにくいものもあるでしょう。
衛生管理者には第一種衛生管理者・第二種衛生管理者がありますが、それぞれに別に試験対策講座が開かれます。

どのようなところが主催しているの?

衛生管理者講習会は、資格取得を目的とする予備校や専門学校、または公益社団法人や財団法人などの公共の団体が主催しています。
このような学校や企業は独自で参考書なども作っているのでそのノウハウを生かして講座を開いているのですね。
また、衛生管理者は従業員が50人以上いる職場には必ず選任しなくてはいけない資格者ですので、合格者を増やそうと公共の団体が主催していることもあります。
予備校が主催する講座の中には、『受講するには主催者が発行している参考書を買うのが条件』という場合もあるようです。
また、これらの講座は主催者独自の試験対策に基づいて行われていますので、講座内容は主催者ごとに異ります。

講習会に参加すれば確実に合格できる?

では、講習会に参加すれば確実に合格できるのでしょうか?
これは受講者によるとしか言いようがありません。
主催者が教えてくれる勉強法が自分にとって合っているのなら合格する可能性はぐっと上がるでしょう。
また、自分で勉強していてわからないところが出てきた場合には、講師に質問ができる講習会は大変有意義です。
ただし、この講習会を受けなければ試験に合格しない、というわけではありません。
特に第一種衛生管理者は第二種衛生管理者よりも覚えることも多く勉強も大変ですが、参考書を読みながら独学で合格する人も多いのです。
ですから

  • 勉強をしていてわからないところが出てきた
  • 仕事が忙しくて勉強する時間がなかなか取れない
  • 試験が近づいてきたのだが勉強のやり残しが気になる

という方は受講を考えてみてもよいかも知れません。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?