労働者や消費者の健康と安全を守る衛生管理。4つの大切なこととは?

衛生管理というのは労働者の命や製品を利用する人の安全を守るとても大切な事柄です。衛生管理がしっかり行われていないなら、労働者や消費者の健康は大きく損なわれてしまうでしょう。
衛生管理と聞くと食品衛生を思い浮かべる人が多いかもしれません。あなたも同じですか?
しかし衛生管理の分野は食品だけにとどまりません。

  • 建物の管理
  • 労働環境
  • 医療
  • 清掃

の分野でも衛生管理はとても重要な事柄なのです。
人の安全と健康を守る衛生管理。しっかり行うために何が大切なのか知りたいと思いませんか?
そこで本日は、衛生管理に大切なことを4つご紹介致します。この記事を通して、衛生管理を正しく行うの重要性を理解していただけたら幸いです。

大切なことその1:定期的な清掃

衛生管理を行う上で徹底的な清掃は欠かせないものです。掃除をしっかりしていない場所が自然にキレイになることはありえませんよね。
掃除がしっかりされていない場所は、当然不衛生な状態になってしまいます。それは労働者の健康や製品の安全性、建物の安全性に悪影響を与えることでしょう。
ですから、衛生管理を正しく行うためには清掃をしっかり行うことが大切なのです。定期清掃・作業終了の後の清掃・使用した器具の清掃などを徹底して行いましょう。

大切なことその2:害虫などの駆除

虫やネズミなどが繁殖している場所は、当然不衛生です。
それが工場である場合、虫やネズミの死がいや糞が製品に混入することになるかもしれません。そうなると安全性の高い労働環境や製品を提供するのが難しくなりますよね。

  • 各所にネズミ捕りや虫捕獲用の機械を設置する
  • 虫やねずみが入り込まないように建物の隙間を埋める
  • ドアやシャッターを開けたままにしない

衛生管理を正しく行うために、これらの点をしっかり意識しましょう。
食品加工工場ではねずみや虫を捕獲する薬を使うことができないため、薬以外の方法で捕獲する方法を考える必要がありますよ。

大切なことその3:従業員を危険から守る

  • 危険な場所での作業
  • 危険な機械を扱う作業
  • 危険な薬品を扱う作業

このような作業に伴う危険から従業員を守ることも、衛生管理をしっかり行うために大切なことです。

  • 労働者が作業中に転落しないか?
  • 機械に挟まれないようになっているか?
  • 危険な薬品による健康被害を避けるため、正しい防護服を着用できているか?

このような点を日頃からしっかりチェックしておきましょう。

大切なことその4:従業員の教育

職場内で事業者や資格保持者が衛生管理をしっかり行うのはとても大切なことです。しかしながら、そこで働く人たち全員が衛生管理について正しく理解してい無ければ、職場全体で衛生管理を徹底するのは難しいでしょう。
衛生管理をする上で大切なのはそこで働く人たち全員が衛生管理について正しく理解していることです。何が危険なのか、どんなことは避けるべきなのかという点について定期的に勉強会を開き情報を共有してください。そうするなら、職場全体の衛生管理基準の底上げすることができるでしょう。

いかがでしたか?

この記事では衛生管理をしっかり行うために大切なことを4つご紹介致しました。

  • 大切なことその1:定期的な清掃
  • 大切なことその2:害虫などの駆除
  • 大切なことその3:従業員を危険から守る
  • 大切なことその4:従業員の教育

衛生管理をしっかり行うことはその職場で働く人の健康や安全を守ることや、その職場で作られた製品を使う人たちの健康や安全を守ることに繋がるとても大切な仕事です。正しい方法で衛生管理を行うようにしましょう。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?